泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

アラスカ修練会

亨進様の説教「鉄の杖の王国3」の中で「お父様の文化はアウトドアの文化」という内容がありましたが、それを読んで過去の修練会での体験を思い出しました。アラスカ修練会、ジャルデイン修練会…それは沢山のみ言、講義と共に正にアウトドア体験でした。



アラスカ修練会は1993年の8月、ジャルデイン修練会は2000年の3月に参加させていただきました。どちらも内容も基準もない者が押し出されるようにして参加に至ったのですが、今になってそれがどれ程貴い体験だったのか、亨進様のみ言を通して改めて実感しています。


アラスカ修練会に参加したのは家庭を出発して間もない頃でした。もうすぐ25年になります。古いノートを引っ張り出し久々に開いてみました。鉛筆で小さい字で書いてるので読みづらくメガネが必要です。「どうしてこんなに薄く小さな字で書いたんだろう?!」と最初思いましたが、何のことはありません。私が年をとったのでした☺️


『日本女性幹部特別修練会』と銘打った修練会でしたが、幹部でも何でもない自分がどさくさに紛れて参加させていただいた、という感じです。当時私が一番感じたのは「お父様の生活基準について行くのは大変だ!」ということでした。今思えば恩恵に満ち溢れた修練会だったのに私は無我夢中でついて行くのがやっと、という状態だったのだです。


ノートをめくりながら読み進むうちに貴重な発見が沢山ありました。今だから理解できることが沢山あります。当時の私はあまりにも幼くて、お父様が語ってくださったみ言や体験させてくださったことの価値がよくわかっていなかったんだとしみじみ思います。正に「猫に小判」「豚に真珠」…そして親の心子知らず、だったなあと申し訳ない思いです。


その修練会では周藤講師、小山田講師が講義を担当されましたが、お父様自ら何度も来られてみ言を語ってくださいました。冗談を言われたり、ある時は大声で叱られたりしながら、そして共に釣りをされ、写真も一緒に撮ってくださり女性たちを教育、訓練しながら愛してくださったのでした。



み言はいろいろありましたが、創造原理の内容、男女の愛について、エバ国家の使命、エバの使命、氏族メシヤについて、伝道について、江利川会長を中心とした女性の体制について、長子権復帰について、蕩減復帰についてなどを語ってくださっていました。その中で印象的だったのは、古いメンバーに霊の子女の数を聞かれ、答えた方は2名から多い方で17名だったのですが、お父様は「本来なら7年×12ヶ月=84名いないといけない」と言われてたことです。また120名氏族教会やまず12家庭を早く祝福すること、経済問題は過ぎていく、伝道は完全に残る、人材が増えれば経済問題も解決できる、などと語られていたのでした。



アウトドアでは、私たちは川や河口でのサーモン釣り、船で海に出てのハリバット釣りをしました。それまで完全にインドア人間(趣味は読書と絵画鑑賞でした😢)だった私も何とかシルバーサーモンやハリバット(小さいのですが)を釣りました。朝4時5時に起床、講義の後準備して9時に出発し、夜8時半に帰舎、そのあと夜中12時まで講義のスケジュールです。数日後海岸の砂浜では疲労と睡眠不足で倒れて横になってる姉妹もあちこちにいました。私もフラフラになりノートの文字がミミズが這ったようになっています。


サケを捌いてシチューを作ったり、卵をイクラ丼にして食べたりしたことも思い出します。お父様が釣られたハリバットを皆に振舞ってくださり、刺身でいただいたりもしました。そのようなことを思い出しながら、本当に貴重な体験をさせていただいたんだなあと、しみじみ思います。

お父様は我が身を削るようにして私たちに様々なことを教えてくださいました。当時70代でいらっしゃいました。若い私たちでもついて行くのがやっとの生活、それ以上にハードな生活を日々なしておられどんなに大変だったことでしょうか。


帰国前日には夜10時に来られ夜中2時まで語ってくださっています。そして「先生は永遠には生きられません」「…わかりましたか?帰ってから立派な女、立派な母ちゃんになりなさい」とおっしゃったのでした。




昨日からアラスカ修練会のこと、コデイヤック精神、サーモン精神、氏族メシヤのことなどに思いを馳せていましたが、今朝BSテレビを何気なく見てびっくりしました。サーモンの産卵から死までの特集だったのです。故郷の川に命がけで還り、産卵のため、産卵後は卵を守るために様々な闘いをなし、最後は自分の子に身を与え尽くして死んでいくサーモン、画面ではボロボロになったサーモンがキタキツネに食べられていたのですが、それを見てお父様のお姿と重なり涙が止まらなくなりました。


神様の血統を地上に残すための生涯を貫かれたお父様、そのお父様の血統と伝統、精神を受け継がれた亨進二代王様は正に代身者・相続者であられることを実感いたします。お父様の文化を受け継がれ2世に伝えくださっていることが本当に感謝です。


訳のわからない幼い者を教育し訓練してくださったお父様、時を経てそれがどれ程貴いことであったかを今頃になって実感している愚かな者ですが、お父様が繰り返し語られた氏族メシヤを為していくことがその恩賜に報いる道であることを肝に命じて歩んでいきたいと思います。







よかったら、クリックお願いいたします釣り🎣

地球の裏側に住む車椅子の伝道師

陽暦の2018年を迎えてはや13日目となりました。1ヶ月ぶりにブログを更新します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


年末年始忙しく過ごしながらいろんなことがあった2017年を振り返っていましたが、年頭のある日

地球の裏側にいるクリスチャンの友(南米人、30代男性)からメールが届きました。


「あなたの今年の目標は何ですか?」


私は簡潔に「家庭教会!」と答えました。あまり細かい説明はしていないので理解してもらえたかどうかはわかりませんが…


彼とは不思議な縁で2年程前からfacebook で交流をするようになりました。元はと言えば今から21年前に訪れた宣教地で大学伝道で出会った彼のお兄さんとの出会いがきっかけです。家族皆が親日で家に招かれ、食事をご馳走になったりして交流しました。両親は熱心な福音派のクリスチャンでした。弟さんは当時中学生で車椅子で生活していました。お兄さんは彼を紹介する時「弟は生まれつき障害があるんだ」と言っていました。挨拶をしただけでしたがとても賢そうな目をしているのが印象的でした。


私はその後別の任地に開拓伝道に行き、交流はなかなかできなくなり、お兄さんは祝福を目指してマッチングを受けたもののいろんな事情で実らなかったのですが、私が一年後帰国するようになった時には家族皆で空港に見送りに来てくれました。


その後はクリスマスカードを送ったり現地のメンバーにケアを頼んだりしていましたが、教会に繋ぎきることは出来ずに年月が過ぎていました。その後数年前突然お兄さんから手紙が来たものの私がスペイン語が下手過ぎて深い交流が出来ず、お兄さんは英語が出来ず困っていましたが、「弟は英語が出来るから」ということで弟さんとのfacebook での交流が始まったわけです。


お互い英語が堪能というわけではないので十分ではありませんが、かなり深い交流が出来ています。

お兄さんにはあまり深い宗教性は感じませんでしたが、弟さんは本当に敬虔なクリスチャンでありしかも民間の伝道師のようなことをされています。霊性が高く神体験もされてて講演活動やSNSで神様イエス様を証しています。昨年は「初めてテレビに出演しました!」と動画を送ってくれました。「黄金の瞬間」という対談の番組に招かれて若者に対して内面生活の重要性を啓蒙する内容を語っておられました。


私は彼に昨年3回に分けて小包を送りました。顆粒の人参茶と書籍です。書籍は1回目はスペイン語の原理講論、2回目はスペイン語の自叙伝、そして最近送ったのは英語の天一国憲法です。


原理講論に対する反応はとても良かったです。2週間程で完読したようで「聖句の深い意味、霊界のことなどがよくわかってよかった、この本は世界中の人が読んだらいいですね」という感想でした。


自叙伝に対しては微妙な反応でした。言葉少なに「いろいろ疑問があります…」と。ムーニーという言葉も使ってたのでマイナスのイメージもあったのではと思います。ただ世界情勢にはとても敏感で

韓国と日本の使命などについては関心があるようです。


今の統一家の混乱についてもいつか伝えないと…と思っていましたが天一国憲法の小冊子を送った後にその機会が訪れました。何と彼はネットで見つけたと思われる連合のイベントの動画を私に送ってきたのです。そして改竄された天一国国歌「聖励の新歌」の歌詞の意味を教えてと言うのです。

私はこれはいい機会だと思いお父様御聖和後の統一家の混乱を簡潔に説明し、レバレント・ムーンによる本物の国歌はこちらですよ、とYouTube に出てた「栄光の賜物」を送りました。


クリスチャンがお父様を再臨主として受け入れることは簡単ではないと思いますが、私は希望はあると感じています。神様が準備された方には必ず役事があると思うからです。

彼とは不定期にメールのやり取りをしてますが、とにかく聖句をよく送ってくれます。早朝、その日の自分にぴったりの聖句が送られて来たりします。また主人と私が王権即位式に参加した後のことですが突然こんなメールが来ました。


「娘さんは元気ですか?」

「 天の父が彼女のために王冠を準備してますよ。」

「娘さんはプリンセスですから」


何の脈絡もなくこのようなメールが来たりしますのでびっくりしますが、時空を越えて霊界が働いているんだなあ、と感じます。また黙示録のこと、世界情勢、共産主義やイルミナテイのこと、カトリック上層部の腐敗などに関しても話が通じます。聖書の知識、神様、イエス様に対する絶対的信仰はすごいものがあります。そして中国国内のクリスチャンの力になりたい、とか公的な為に生きる精神を持っておられます。恐るべし、福音派プロテスタント、です。




今年は彼と授受をさらに深めてお父様を証して、三代王権に繋がっていただけるよう精誠を尽くしていきたいと思います。






よかったら、クリックお願いいたします🎍

本心の叫び

先日家庭連合の婦人食口にお会いする機会がありました。彼女の話はとても胸が痛いものでした。

「こんなこと言う私は不信仰者だと思いますが…」と躊躇しながら次のようなことを吐露していかれました。



「宗教って救いじゃないんですか? 私救われた実感がないんです。献金をつめられて苦しかったことを思い出すんです。自分は精一杯できる範囲でやろうと思ってやっていたけど、それを超えて何度も何度も言われて…納得いかないやり方をされて…いまだに当時の苦しかったことを思い出すんです。そう言う自分が嫌なんです。不平不満は持ちたくないんです。でも…やっぱりいろんな思いが湧いて来ます。感謝で生きていきたいのに…」


「真の父母経を読むと心情が下がるんです。これ本当にお母様が書かれたのかな、ってふっと思ったりしてます。誰か他の人によるものじゃないかな、なんて思いが湧いて来ます。」


「‘ 天の父母様 ‘ って呼びかけると苦しくなって、祈れないんです。どうしてでしょうか。私は神様って呼びたいんですけど…」


「私のような不信仰者でもお父様は覚えてくださるんでしょうか。」


「ここに来る時、実はわくわくしたんです。‘いけない、いけない、私、サンクチュアリに洗脳されるのかな…‘ そんなこと思いながら来ました。正直怖い気持ちがあります。家庭連合には希望がないと思いながら、他のところに行くのも怖いんです。」





彼女が帰られてから、しばらくして、私の目から涙がじわじわと湧いてきました。しばらくは動けずにじっと泣き続けていましたが、神様お父様が泣かれているような気がしました。


彼女の本心は見事に本質的であるのに、長年組織信仰で縛られて、裁かれ続けて来られたために、その本心が発露できずに抑え込められてきたのだと思いました。


これから少しずつ彼女の傷が癒され、抑圧された心が解放されるように、そして真実の道に至ることができるようにお手伝いができればと願っています



私もかってそうでしたが、籠の中の鳥が鳥籠から出てみたものの、まだ開いてる窓を見つけ出せずに

恐る恐るあちこちにぶつかりながら出口を探している、そんな状態ではないかと感じました。



「籠を蹴飛ばして窓から外に出て、一緒に空を飛びましょう。お日様が輝いていますよ…」心の中で彼女にそのように語りかけています。








よかったら、クリックお願いいたします🦅