泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

幼な子のような心

寒暖の差が激しい最近の気候ですが、季節は確実に巡り桜は散って、若葉が美しい季節になりました。新緑の輝きに元気をもらうこの頃です。


昨年12月「本心の叫び」というタイトルの記事を書きましたが、その中で触れさせていただいた方が先日お父様の権限圏に戻って来られました。一人また一人と導かれて来る方々は、説得されたり引っ張られて、というのではなく、自らの本心の声に従って来られます。紛れもなく神様、お父様がすくい上げておられることを感じます。


お一人お一人歩んで来られた人生、信仰路程はそれぞれですが、皆さん共通しているのは謙虚な心を持っておられることでしょうか。それまでの教会生活における人間関係や激しい摂理に揉まれて傷つき、いろんな思いを持たれていたとしても、神様とお父様の前に自分は足りない者だ、というへりくだった心情を持たれ、決して「私はこれだけやってきた!」と自らを誇るような姿ではない方々です。



そのような方々に接する度に、聖書の次の箇所を思い出します。



〈 マタイによる福音書第18章 1〜 〉


そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った。「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか。」すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた。


「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないだろう。この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである。また、だれでも、このようなひとりの幼な子を、わたしの名のゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。しかし、わたしを信じるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方がその人の益になる…… 」



また、堂々巡りの悩みの中で苦しんで来られた方が、笑顔で新しく出発される姿は感動的で次の聖句が思い出されます。



〈マタイによる福音書7章7節 〉


「 求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん。」



神様に〝天のお父様!〟と呼びかけ、真のお父様が作詞され天一国国歌と定められた「栄光の賜物」を賛美し、改竄されていない家庭盟誓を唱える。それだけでも、霊界が晴れて重苦しい心が解放されていくことでしょう。



永田正治教授の新しい講話の動画が出ていました。


「異端・家庭連合からの解放 / サンクチュアリ教会への道 」です。


早速視聴させていただきましたが、とてもわかりやすく素晴らしい内容でした。多くの方が見られて家庭連合の現状を知り、何が真実かを自ら確認されて、お父様に帰られることを切に願うものです。




すべての兄弟姉妹に天の導きがあり、三代王権に繋がられますよう心よりお祈り申し上げます。







よかったら、クリックお願いいたします🌷

カエルの楽園

昨年は救国運動に参加させていただいたことをきっかけに、いろんな保守活動をしてる方々の講演を聞きにいく機会に恵まれました。沖縄のジャンヌ・ダルクと呼ばれる我那覇真子さん、作家の百田尚樹さん、そして幅広い活動をされてる現在自民党国会議員の杉田水脈さんなどです。



その中で百田さんの講演会では著書の販売もされていたので、かねてから読みたいと思ってた本を購入しました。「カエルの楽園」と「今こそ韓国に謝ろう」です。どちらもとても興味深く面白かったのですが、「カエルの楽園」は特に身につまされるというか、背筋が寒くなるというか、今の日本の状態が寓話の形で適切に描かれた秀悦な作品だと思いました。



読まれた方も多いかと思いますので、ここでは内容を詳しくは書きませんが、裏表紙の説明には次のように書かれています。


「 国を追われた二匹のアマガエルは、辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。その国は「三戒」と呼ばれる戒律と、「謝りソング」という奇妙な歌によって守られていた。だが、南の沼に棲む凶暴なウシガエルの魔の手が迫り、楽園の本当の姿が明らかになる……。刊行後、物語の内容を思わせる出来事が現実に起こり、一部では「予言書」とも言われた現代の寓話にして、国家の意味を問う警世の書 」


本は最初から最後まで寓話の形で描かれていますので、「ははー、これはあのことだな」と推察しながら読むのも面白いのですが、後書きの解説は櫻井よしこさんが、実に明快にしておられました。

今から読まれる方の楽しみが半減するといけませんのでここでは触れませんが、的確に比喩や喩えの説明をされています。



この作品の目的は平和ボケした日本の国民に、このままでは大変なことになる!と警鐘を鳴らすことであるのは明らかですが、このことは今日本が憲法改正をして、自主防衛できる真の主権国家になれるかどうか、という深刻な問題に直結しているのだと思います。




実は今日この作品について書こうと思ったのは、どうしてもこの「カエルの楽園」と現在の家庭連合の状態がダブって仕方がないからです。mugimusenさんのブログでも触れておられましたが、家庭連合では一般食口に対してサンクチュアリ批判をする際「この平和な時代に…銃なんか」とか「彼らは麻薬をやってるんですよ」とか愚かなことを言ってるようです。


私はこの話を知った時、若い頃まだ何も知らない時に友人が教会について言ってた言葉「男女が一つ屋根の下でいやらしいことしてるんだって。絨毯の下に電気が通ってて逃げられなくなるらしいよ」とか、また拉致監禁された霊の子が反対派から「UCは銃と麻薬の密輸組織なんですよ!」と言われたことを知り驚いたことなどを思い出しました。


正に歴史は繰り返す…と言いますか、現在の家庭連合幹部はかっての反対牧師のように、羊泥棒憎しで誹謗中傷、印象操作、レッテル貼りなど何でもあり、になってしまったんだなあ、と悲しみを覚えます。


そして一切教会が今どのようになっているか実態を知らず、美しく取り繕った耳障りのいいことだけを聞かされている食口が「韓国はお母様がおられるから大丈夫!」「清平は大丈夫!」「真の父母様は完全一体!」などと言っている姿に、カエルの楽園のカエルたちが「三戒を唱えてれば大丈夫!」、としている姿がダブってしまうのです。


辛辣なことを書いたかもしれませんが、今の私の正直な気持ちです。「何と失礼な!」と憤慨される

連合の方がおられるかもしれませんが、そういう方は是非新聞・テレビ(特に地上波)という偏向した既存メディア以外から現在の世界情勢、日本や韓国のおかれた状況について情報を得られたらよいかと思います。



昨年参加したある講演会のタイトルを思い出します。それは「もはや平時ではない!どうする日本!」でした。イラクで実際に爆撃を体験された元国会議員の方でしたが、今の日本の状況がどれ程危険かをデーターを上げながら説明しておられました。




「この平和な時代に…」どれだけ平和ボケすればそのような言葉が出て来るのでしょうか。呆れて物が言えません。一般食口の方々が良識を持って冷静に判断されますように願ってやまないものです。







よかったら、クリックお願いいたします📚

繰り返される過ち

最近聖書や原理講論を読んで思うことは、繰り返されてはならない過ちがまた繰り返されている、ということですが、このように感じる方は少なくないと思います。私たち統一食口は原理を学び、復帰歴史を学んで、歴史の中で過ちが繰り返され摂理が延長してきたことを知るようになった訳ですが、その教訓を生かすことにおいては、あまりにも不足でありました。そしてお父様のみ言に対しても不注意で怠慢であったと言わざるをえません。



原理講論の中では次の箇所がよく心をよぎるこの頃です。



イエスが「天の主なる父よ。あなたをほめたたえます。これらのことを知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました」( マタイ11・25 )と言われたのは、当時のユダヤ教界の指導者層の霊的な無知を嘆かれたと同時に、無知ではありながらも、幼な子のごとく純真な信徒たちに天のことを教示してくださった恩恵に対する感謝のみ言であった。そのときと同時性の時代にあたる今日の韓国教界においても、それと同じ事実が、より高次的なものとして反復されているのである。神は、幼な子のような平信徒たちを通じて、終末に関する天の摂理の新しい事実を、多く啓示によって知らされておられるのである。しかし、彼らがその内容を発表すれば教職者たちによって異端と見なされ追放されるのでそのことに関しては、一切発表をせずに秘密にしているのが、今日の韓国キリスト教界の実情である。あたかもかっての祭司長や律法学者たちがそうであったように、今日の多くのキリスト教指導者たちは、聖書の文字を解く知識のみを誇り、多くの信者たちから仰がれることを好み、その職権の行使に満足するだけで、終末に対する神の摂理に関しては、全く知らないままでいるのである。このような痛ましい事実がまたとあろうか。

( 原理講論 第6章 再臨論 第3節 (4)595p)



今の現状に酷似していて驚くばかりです。

また、お父様は遺言と言われた八大教材・教本の一つである「平和の主人・血統の主人」の中で

次のように語られています。




一秒間で世の中が変わること


時代は移り変わりますが、皆さんの暮らす生活環境は変わりません。私たちは、昼と夜の分かれ目に気づかないように、春と夏が一秒間で変わることに気づきません。零時前と零時後の一秒を中心として気づかないのです。きのうときょうは、同じ日のように続いていますが、新しい日と新しい時代、新しい世界へと転換します。歴史も同じです。先天時代と後天時代が一秒を中心として分かれますが、それをとらえることができないのです。


( 「平和の主人・血統の主人」13p 2009年7月7日 )




新しい真理を学んだと自負していた統一食口でありましたが、時の流れと共に過去の宗教者たちが犯した過ちを繰り返してはいないでしょうか。絶対信仰と言いながら教条主義になり、固定観念の虜になってはいないでしょうか。




〈 教条主義とは 〉

状況や現実を無視して、ある特定の原理・原則に固執する応用のきかない考え方や態度。特にマルクス主義において、歴史的情勢を無視して、原則論を機械的に適用しようとする公式主義をいう。ドグマチズム。

( デジタル大辞泉より )




上記の内容は現在の家庭連合の状況にあまりにも酷似していますが、私たち三代王権に繋がらせていただいた者においても、過去の教訓を胸に刻み、謙遜と柔和を心がけ、お父様のみ言、聖書のみ言、亨進様のみ言によって、常に自らの信仰を正していくよう心がけていきたいものです。







よかったら、クリックお願いいたします📚