泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

常に喜び、体恤的な感度を広げよ

🔵 真のお父様のみ言


常に喜び、体恤的な感度を広げよ



そして、皆さんが朝に家を出て、夕方に戻るときには、絶対にマイナスとなって帰ってきてはいけないのです。帰ってくる時は、必ず朝に出ていった時よりもうれしい立場、すなわちプラスとなった立場に立ちなさい。そのようにすれば家庭内の不和が起こりません。もし、マイナスとなって帰ってくれば、自分の妻や息子、娘にもマイナスの感じを与えるようになります。それは、罪です。善を追求していかなければならない立場から見るとき、このような立場に立つことは、善を傷つける立場になるので、これは神様の前に喜びとなれず、悲しみとなります。

したがって、家を出て戻ってくる時は、どんなに困難な立場に立っていたとしても、必ずその困難を蕩減しておいて、喜びの条件をもって帰ってこなければなりません。もし、職場で悔しく気分の悪いことがあったとしても、それを家に来て解消しようとしてはいけません。その場で解消するか、でなければ別のことに置き換えて、「それ以上の喜びの条件で蕩減した」というようにしてから、家に入っていかなければなりません。

そうするために、それを補強できる間接的な、自分だけの秘法をもちなさい。道を歩きながら、わざと電信柱に頭をぶつけて、その痛みによってでも蕩減の条件を立てなさい。それをもって蕩減を受けたという、悔い改めの祈祷をするのです。そうでなければ、子供たちにあげるあめ玉でも買って、子供たちが喜ぶ姿を思い描き、その喜びをもって家に入っていくのです。あるいは、歌が好きな人であれば、昔、自分が好きだった春の歌や秋の歌を歌い、きょうの悲しい感情を越えて昔のうれしかった感情を呼び戻し、それを中心として帰っていきなさい。

家に入ってくれば、妻に対しても、息子、娘に対しても、そのような喜びの表情と喜びの心を授受するのです。そうなれば、職場で打撃を受けた悲しみを完全に越えることができるのです。滅びるしか なかった環境を食い止めることができるのです。皆さんは一日の全体を中心として、このような生活態度をもたなければなりません。これが一つの作戦となるのです。一日を何気なく生きてはいけません。

どんなことに対しても同じです。山なら山を見るとき、その山を中心として神様の創造性に接する感じ、美しいとか神秘的だという感じを通して、神様が私という一つの価値をこのように高貴にするために、あんなにも素晴らしい相対的万物を造られたのだなあと感じ、喜んで、うれしく思いながら神様の前に賛美を返すようになるとき、そこから衝撃的な刺激を感じるのです。そのような立場で完全に授受すれば、一つになるので酔いしれるのです。そして、その中から離れたくなくなります。その中で寝転びたいと思い、幼子のような心になり、また父母と同じ心を感じられるようになるのです。そのような感情は、何でもない自然を見る中でも感じられます。あるいは、流れていく水を見ながらでも、いくらでも思索にふけることができるのです。

このような体恤的な感度を高めていくようになれば、神様が創造しながら感じられた喜びまでも、共鳴して入ってくるようになるのです。それは、何の考えもなく祈祷するよりも良いのです。ですから、皆さんが、生活圏内において、このような生活を中心として体恤的な感度をどのように培養していくのかが問題です。それゆえに、私が相手に接するとき、どのような表情で接しなければならないかを常に考えなくてはなりません。そのように研究していけば、自分がある表情をしたとき、「相手に良い印象を与えた。だから私はどのようにしていかなければならない」と、分かるようになるのです。



( 「後天時代の生活信仰」 第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )





よかったら、クリックお願いいたします⛰

信仰者たちが疲れる理由

🔵 真のお父様のみ言


信仰者たちが疲れる理由



皆さんが指導者になろうとすれば、今後多くの人に接するとき、その人の正常な基準と非正常な基準、言い換えれば、悲しいときの基準とうれしいときの基準を判断できなければなりません。正常な基準を中心として見るとき、上に上がっていくときはうれしく、下に下がっていくときは悲しいということを、目だけ見ても、表情一つだけ見ても、すぐに推量れなければなりません。話し声が正常なときはこうであり、うれしいときの話し声はこうだ、良くないときは目の色がどうだと、すぐに判断できなければなりません。

話す語調や抑揚、態度を見て、あの人があのように話す背後には良くない何かがあるということを、神様と共に私が鑑定しなければならないのです。そのようにすれば、二人が会うとき、表情だけ見ても、「何かあったのだなあ」ということが、さっと分かるようになるのです。このように、皆さんが鑑定したことを実験するのと同じように、それが符合するのかしないのかを観察してみなければなりません。それがもし符合したと感じるときは、神様が私と共にいらっしゃるのは間違いありません。

ですから、生活圏内で、私の感情が神様と密着して同化するのか、反対となるのかを、最初に感じることを通して分析し、私の生活圏内で、どのようにすれば良い結果をたくさん残せるかを考えなければなりません。それが信仰者にとって最も重要なことです。通り過ぎる人を見ただけでも分かるのです。

それゆえに、最も複雑なのが人間です。ある人が教会に来て、祈祷をして座っていれば、その人をぱっと見ると、「元気があるなあ、元気がないなあ」という感じが伝わってくるのです。このように対人関係においても、その感じが伝わってきて、ある事や物に接する感情も伝わってくるのです。また、言葉を話すときにおいても、自分が共鳴体のような立場に立ち、これが破格的か、でなければ順和的( 注: 穏やかで安らかなこと )か、つまり和合するためのものか、そうでないかを直ちに測定しなければなりません。さらにまた何パーセントくらい直接的な結果をもたらしたかを分析しなければなりません。このようなことを皆さんが開発すれば、誰でも体恤信仰圏内に入っていけます。そのようなことを感じて暮らす人は、疲れることがありません。

今日の統一教会員たちは、天に引っ張られたり、天が離れてしまえば疲れてしまうのです。それは、体恤的信仰の重要性を知らないからです。信仰というものは、生活圏内で、神様の目的を中心として、私が接する前よりも接したのちに、より良い結果が訪ねてくるときは、どんなに迫害が来ても、そのまま押し通していくことができるのです。絶対に屈服しません。しかし、その結果がマイナスになるときは、どんなに力を出そうとしても後退するようになります。

ですから、後退する可能性があることは絶対にしてはならないのです。その被害は、どれほど大きいでしょうか。一度後退すれば、それを立て直すのがどれほど大変か分かりません。一度間違いを犯せば、それを補充するのがどれほど大変かを考えれば、落ちる可能性のあること、すなわちマイナスになる可能性があることは、考えることもしないのです。そのようなものは見ようともしないのです。また、そのような人とは接しようとすらしません。

それゆえに、初めて恩恵を受けるようになったときには、人をよく敬遠するようになります。物にも、やたらにあれこれと接することができず、単調な物にだけ接するのです。その人が日常的に欲望をもって動く可能性のある物には、絶対に接することがないようにします。そうでない物、すなわち無関心に接していた物にだけ接するようにします。言葉も自分を弁明しようとする言葉は話さないようにするのです。

実際の信仰生活において、霊的な体験はそのように起こるのです。皆さんは、そのような霊的な体験をすることができなくても、生活の中で感じ取ったことを分析する度数を高めていかなければなりません。

そのような段階に至れば、どのような現象が起こるのでしょうか。間接的な関係から直接的な結果を判断できる、このようなことがたくさん起こるのです。すなわち、第三のこととして、私とは何の関係もないことでも、関係を結ぶことによって、計画的ではないのですが、偶然に体恤的な感情を感じることができる体験をするようになるのです。このように努力するようになれば、第三のこととして私と関係ないことであっても、ぱっと感じ取ったことを通して、「関係を結ばなければならない」と考えるようになります。このように生活圏内において、発展できる動機をいくらでも見つけることができるのです。



( 「後天時代の生活信仰」第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )






よかったら、クリックお願いいたします🍑

体恤信仰を開発する生活

🔵 真のお父様のみ言


体恤信仰を開発する生活


先生は、皆さんが笑いながら話をするとき、すぐに感じが伝わってきます。その笑いが神様の前にプラスとなる笑いなのか、マイナスとなる笑いなのかという感じが伝わってくるのです。皆さんも、そうなれるように、習慣化して開発していかなければなりません。ですから、自分を中心として成される周囲のすべての要件には、無意味なものは一つもありません。すべてのことが、私を開発させ、発展させるための一つの教材として登場するのです。そのような生活態度が必要です。ゆえに、一人だからといって自分勝手にはできないのです。

このような生活態度を中心として生活するようになれば、初めて会う人でも、面識のある人でも、誰であってもいい加減に接することはできないのです。初めて会う人だから適当に扱えばいいだろうと、このようにしてはいけません。その人がどんな人なのか分からないからです。したがって、このような心情的基準を中心として、体恤的な環境を開発するようにしなければなりません。そのように、すべてのことにおいて、常に効果的な価値を発見して喜びを感じたとすれば、その人の信仰生活は、観念的なものではなく実質的なものであり、神様と共に生きる信仰生活なのです。

そのような生活をする人は、どんなに困難な道を歩んだとしても疲れません。もし、死の道を行くとしても、その死がみ旨の前に妥当な死か、そうでないかをすぐに知ることができるのです。苦痛を受け、悔しい目に遭うことも、神様が私を蕩減させるためにすることなのか、マイナスにさせるためにすることなのかが、すぐに分かるのです。

どんなにつらい道を行くとしても、それが体恤的な感情に接しながら行く道であるならば、なぜか心強く、希望がわき出てくるのです。反対する喚声が高くなればなるほど、それが衝撃となり、刺激となって、私自体の中心が折れてしまうのではなく、それを良い機会にして爆発的な力が作用するようになり、善意の闘争の力がわき上がってくるのです。このようなことを見れば、私の行く道が、神様が共にいらっしゃる道なのか、そうでないのかを感じ取り、見分けられなければなりません。

そうでなければ、生活圏内で堕落が起き、失敗が起き、神様の前に裏切りが起こるようになるのです。これは、眠っている時に起こるのではありません。私たちが目を開けて活動しながら接するすべての相対的要件を中心として、私が発展することもあり、後退することもあり得るのです。このような関係になっているので、この関係をどのように良く調整して天化された結果をもたらすかを、常に研究しなければなりません。


物に対するときもそうですが、人に対するときでもそうです。人を見たとき、「あの人はどのような人だ」ということを分からなければなりません。その人の性質によって、すべて違います。自分が人に対するとき、相手の人が自分よりも心情基準が低いときは、自分の基準を低く調整して、相手に対さなければなりません。そうでなければ自分が打撃を受けます。

ですから、印象でその人がどのような人なのかを、すぐに知らなければなりません。第一印象でどのような感じがするのか、心のアンテナを通して、この丸い心でどのような感じを受けるのか、自分の先入観でなく、公正な立場で、はかりのような心でどのような感じが来るのかを知らなければなりません。自分が中心になるのではなく、その感じ取ったことを中心として、神様を思いつつ進んでいかなければなりません。主体の前に私は対象の立場となるので、良い結果を基準として発展させたいのが主体の願いであり、相対である私たち人間の願いになるのです。

したがって、私の個体が打診した結果を中心として見るのではなく、さっと見ながら心に照らして見てみるのです。そのようにすれば、最初の感じがすぐに来るのです。最初のうちは、よく分かりません。ですから、それを発展させなければならないのです。そのようにすれば、「ああ、あの人は良い人だ」と分かるようになります。皆さんがそのような度数をだんだんと高めていくようになれば、一度だけぱっと見ても、心がどうで何がどうだということが、さっと伝わってくるのです。

例えば、先生が約婚してあげるときは、できる限り人の輪郭をはっきり見ないようにします。この人あの人と、さっと見回してみるのです。どのような感じを受けるのか、心のはかりでさっと比較してみるのです。この二人はどうか、合うか合わないかと思いながら見るのです。ある時は、さっと見ると二人が一つになる場合があります。二人を見ると、あっという間に一つになる感じを受けます。これは間違いなく、天によって定められたお似合いの配偶者です。

そのような感じが何パーセント的中するのか、皆さんの生活過程を分析して、結果を確認しなければなりません。私が感じることは何パーセント合っている、このような内的な因縁を、皆さんが環境圏内で結んで確認できるようにならなければなりません。そのような結果を測定できる立場に立たなくては、神様が共にいらっしゃるか、悪が共にあるのか、分析することができません。したがって、必ずこのような信仰態度が必要です。このような信仰態度を育てていけば、間違いなく体恤されていきます。そのようになれば、道を行くとき、祈祷をしなくても大丈夫です。最初の一歩を踏み出すとき、この道がどんな道か、行けば神様が喜ばれる道か、悲しまれる道かが分からなければなりません。最初に、「ああ、これは良い、悪い」と感じられるのです。悪いと感じるときは、行かないのです。これを鑑定できなくてはなりません。ですから、皆さんは、環境の中で体恤信仰を開発するために努力しなければなりません。

ですから、皆さんが人を見るときも、何気なく見てはいけないのです。誰それの正常な表情はこうだ、ということを分析しなさい。それだけでなく、誰それの正常な態度はこうだ、また、正常な声はこうだ、笑うのも、正常な笑いはこうだ、と分析してみなければなりません。



( 「後天時代の生活信仰」 第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )






よかったら、クリックお願いいたします🍍