泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

本心の叫び

先日家庭連合の婦人食口にお会いする機会がありました。彼女の話はとても胸が痛いものでした。

「こんなこと言う私は不信仰者だと思いますが…」と躊躇しながら次のようなことを吐露していかれました。



「宗教って救いじゃないんですか? 私救われた実感がないんです。献金をつめられて苦しかったことを思い出すんです。自分は精一杯できる範囲でやろうと思ってやっていたけど、それを超えて何度も何度も言われて…納得いかないやり方をされて…いまだに当時の苦しかったことを思い出すんです。そう言う自分が嫌なんです。不平不満は持ちたくないんです。でも…やっぱりいろんな思いが湧いて来ます。感謝で生きていきたいのに…」


「真の父母経を読むと心情が下がるんです。これ本当にお母様が書かれたのかな、ってふっと思ったりしてます。誰か他の人によるものじゃないかな、なんて思いが湧いて来ます。」


「‘ 天の父母様 ‘ って呼びかけると苦しくなって、祈れないんです。どうしてでしょうか。私は神様って呼びたいんですけど…」


「私のような不信仰者でもお父様は覚えてくださるんでしょうか。」


「ここに来る時、実はわくわくしたんです。‘いけない、いけない、私、サンクチュアリに洗脳されるのかな…‘ そんなこと思いながら来ました。正直怖い気持ちがあります。家庭連合には希望がないと思いながら、他のところに行くのも怖いんです。」





彼女が帰られてから、しばらくして、私の目から涙がじわじわと湧いてきました。しばらくは動けずにじっと泣き続けていましたが、神様お父様が泣かれているような気がしました。


彼女の本心は見事に本質的であるのに、長年組織信仰で縛られて、裁かれ続けて来られたために、その本心が発露できずに抑え込められてきたのだと思いました。


これから少しずつ彼女の傷が癒され、抑圧された心が解放されるように、そして真実の道に至ることができるようにお手伝いができればと願っています



私もかってそうでしたが、籠の中の鳥が鳥籠から出て見たものの、まだ開いてる窓を見つけ出せずに

恐る恐るあちこちにぶつかりながら出口を探している、そんな状態ではないかと感じました。



「籠を蹴飛ばして窓から外に出て、一緒に空を飛びましょう。お日様が輝いていますよ…」心の中で彼女にそのように語りかけています。








よかったら、クリックお願いいたします🦅

楽園以外の霊人たちの再臨復活

🔵原理講論 第5章 復活論より抜粋



「…ここに実例を一つ挙げてみることにしよう。復帰摂理の時代的な恵沢によって、家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏に移行する一人の地上人がいるとしよう。しかし、この人に自分自身、あるいはその祖先が犯したある罪が残っているならば、それに該当するある蕩減条件を立ててその罪を清算しなければ、種族的な恵沢圏に移ることができなくなっている。このとき、天は悪霊人をして、その罪に対する罰として、この地上人に苦痛を与える業をなさしめる。このようなとき、地上人がその悪霊人の与える苦痛を甘受すれば、これを蕩減条件として、彼は家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏に入ることができるのである。このとき、彼に苦痛を与えた悪霊人も、それに該当する恵沢を受けるようになる。このようにして、復帰摂理は、時代的な恵沢によって、家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏へ、なお一歩進んで民族的なものから、ついには世界的なものへと、だんだんその恵沢の範囲を広めていくのである。こうして、新しい時代的な恵沢圏に移るごとに、その摂理を担当した人物は、必ずそれ自身とか、あるいはその祖先が犯した罪に対する蕩減条件を立てて、それを清算しなければならないのである…」



( 原理講論 第5章 復活論 第2節 復活摂理 (三)霊人に対する復活摂理

(3)楽園以外の霊人たちの再臨復活 )





前回のブログ(11月11日)を書いた後いろんなことがありましたが、そのことを通して上記の復活論の部分を思い出しました。


14日の夕方のことですが、私が追突事故を起こしてしまったのです。幸い大事故ではありませんでしたが、2人の方に迷惑をかけてしまい大変落ち込みました。どうしてそんなことになってしまったのか…ひとえに私の不注意によるものなのですが、内外の原因があることを思わされました。ある場所に出かけての帰り道でしたが、尋常ではない肩の重さ、疲労感を感じながらの運転で意識が散漫になっていたと思います。数日間はショックから抜け出せず教会長の「大難が小難で済んでよかったですね」という言葉に慰められました。



その後いろいろな処理に追われ、私自身通院をしていましたが、現在はだいぶ落ち着いてきました。相手の方や、保険会社の方、警察の方、皆穏やかないい人だったので本当に感謝です。主人に「自己管理が悪い。気持ちに緩みがあったんだ。もう若くないんだからより気をつけんといかん」と言われたのが一番応えましたが一言もありません。



事故の後の約2週間の期間に平行していろんなことがありました。2年以上疎遠になっていた食口がご夫婦でうちに来られたのです。久々に交流できいろんな話ができました。お昼過ぎに来られ夜10時まで積もる話ができました。主人と亨進様やサンクチュアリを証す話もしましたが反発などされずに聞かれ、また来ますと明るく帰っていかれました。


そして11月7日に権限圏祝福を受けられた連合の食口ですが、その後も夢を見られたりして心情が復活され、ある方を導きたいと願われてたのですが、その方の方から来られて「家庭連合には希望がない」と言われ授受が導かれたそうで、近いうちに2人でうちに来られることになりました。



長い間伝道が思うようにいかず、膠着状態でしたが、やっと一点突破というか霊界が変わって来た感じがします。9月23日の完成期の祝福聖婚式の恩恵が大きいと思いますが、事故で苦痛を受けることを通して蕩減させていただいた内容もあるのかもしれません。


昔の人は「禍福は糾える縄のごとし」、「人生万事塞翁が馬」などと表現されてたと思いますが、この度のことでは復活論の上記の部分を思い出しました。




全てを天に委ねつつ、良いことは栄光在天し、悪いことも甘受して、謙虚にそして気を引き締めて歩んでいきたいと、そして神氏族メシア、家庭教会を勝利していきたいと思います。


天のお父様と三代王権に心より感謝申し上げます。








よかったら、クリックお願いいたします🍂

あきらめない神様

一人の連合の食口が真のお父様の権限圏に帰ってきました。最初にこちらのことを伝えてから約2年になりますが時々交流はできてもこの件に関しては平行線のような状態でした。ただ壁を作らず接することができる方でしたので、そのことはとても有り難く心情交流を続けていました。


別の角度から心情的にかつ率直に伝えてくださる方もいましたが、彼女の心は簡単には動かず時が過ぎていきました。


数ヶ月前お父様の夢を見られてから彼女の意識が変わりました。2つの角度からいろいろ聞いて内心悶々としておられた彼女の心を見抜かれてるように「お前は悩んでいるだろう」「お前の悩みは〇〇(私の名前)と関係があるだろう」「お前の悩みは必ず解決する」と言うようなことをおっしゃったそうです。彼女はお父様が自分のことを何でもご存知であることがわかって希望を感じた、これからいい方向に導かれると思った、と言われます。



その後見ていただいた動画(柳教授の講話)にとても相対されました。それまでは何を言われても入らないし信じられなかった、それが初めて内容がすっと入ってきたと言うのです。それまでは私たちがサンクチュアリに騙されていると思っていたそうです。


それからは水が土に染み込むようにいろんなことを吸収していかれて、とうとう戻る祝福を受けられましたが私はこれまでのことを思うと奇跡を見るようで感無量でした。何度も諦めそうになりながら希望を持ち続けてきましたが、決して諦めない神様お父様が導いてくださったんだなあ、と。



祝福の2日後、彼女は亨進様の夢を見たそうです。そして沢山の人々、病気で体の具合が悪いのに薬をもらえずにいる多くの人々が出てきたそうです。


その薬とは真正なるサンクチュアリの聖酒であることは明らかです。4,300双の門が開いていることは、どれだけ感謝でありましょうか。ついつい現実を見て弱気になったり、諦めそうになったりすることもありますが、伝道は自分でするのではない、自分は導かれるままに神様の手足として動くだけ、役事は神様お父様がしてくださるのだ、ということを肝に命じて亨進様が言われるように「構え、撃て、狙え!」の精神でこれからも歩んでいきたいと思います。



一年以上前に書いた記事「愛する喜び」の中にお父様のみ言を掲載しましたが、今そのみ言の偉大さを改めて噛みしめています。




伝道がうまく行かない時は、望みを失わず備えておきなさい。


時が来るまで誠意を尽くしなさい。そして善なる人を真心から慕いなさい。


(み旨の道より)





天のお父様と三代王権に、そして励まし合いながら共に歩んでくださる兄弟姉妹に心から感謝申し上げます。








よかったら、クリックお願いいたします🍂