泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

今年の抱負

久しぶりに記事を書きます。

陽暦では2019年を迎えました。新年明けましておめでとうございます🌅🎍

今年もよろしくお願いいたします。


今朝、南米の友が聖句をメールしてくれました。よく送ってくれるのですが、いつもその時の私の状況、心境にふさわしい内容なので驚くばかりです。今日送ってくれたのはエレミヤ書でした。



「主は言われる。わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。

それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を

与え、希望を与えようとするものである。」( エレミヤ書29章11節)



彼は12月24日に最愛のお父さんを亡くし悲しみの中にある時なのですが、変わらずに私を励ましてくれるような聖句を送ってくれることに深い感動を覚えます。彼は福音派プロテスタントですがつくづくすごい信仰者だと思います。近いうちにまた人参茶を送ろうと思いますが、その時に『鉄の杖の王国』の本を一緒に送るつもりです。



7年艱難期間もあと2年数ヶ月ですが、これから世界は益々激動の時を迎えることになるでしょう。

東アジア情勢を思えば、今後一体どの様な展開になっていくのかそら恐ろしい気がしますが、上記の聖句を天の声ととらえて、気を引き締めつつ勇気と希望を持って前進していきたいと思います。



昨年は生きて働かれる神様の技を実感した年でした。行き詰まっていた伝道が、一人の連合の方がお父様の夢を見たことをきっかけに導かれて、今8家庭まで増えました。昨年はほとんどその方たちの学びのお手伝いをすることに投入してきましたが、それが一段落する頃に私の周りに変化が起き始めました。以前交流してきて伝道が難しかった方との関係が復活してきたのです。


3人の方と自然な形でまた授受ができるようになりました。新規でまだこれからという人、昔一通り学んだけどつながらなかった方などいろいろですが、一人の方はこれからまたうちで原理と聖書を学ぶことになりました。


サンクチュアリに来られた方の学びが一段落した頃に、入れ替わるように新規の方が繋がってきたことに不思議な導きを感じますが、思えば時が来たということなのでしょう。皆さん疎遠になっていた間に災害や肉親の死などいろんなことを通過されて人生観が変わって来られた様な感じです。

何よりも私自身が三代王権に繋がらせていただいたことが一番大きいと思いますが、過去を振り返って反省することが多いです。今振り返れば、その方の心情を汲み取って寄り添うことより、決められたルートに乗ってもらえるよう躍起になっていた組織信仰に捕らわれた自分の姿が思いおこされます。


一人の方がネットでいろいろ調べておられ、グローバリズムなどについて話が通じる様になってたことも驚きでした。今その方は私が紹介した馬淵睦夫氏の本や『スイスの民間防衛』などの書籍を熱心に読んでおられます。




神様の導きは自分の思いを越えて奥妙にして深遠であることをつくづく感じ感謝です。2019年は歴史的な10月14日を見据えながらさらに前進していけるよう歩んでいきたいと思います。

皆様共に頑張りましょう。






よかったら、クリックお願いいたします🎌

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。