泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

本流回帰ー正統信仰に戻って

10月も半ばとなってだいぶ秋らしくなって来ました。つい最近まで暑い日も多かったので今頃慌てて衣更えをしたりしています。


最近讃美歌CDを聴いて癒されています。「聖霊来たれり」「キリストにはかえられません」「いつくしみ深き」…etc. 大好きな曲です。


また週に1回数名で集まって勉強会をする折に、聖書の拝読もするようになりました。目下新約聖書の福音書を読んでいる所です。読みながら改めて聖書の偉大さ、原理の素晴らしさを感じています。

その昔献身したばかりの頃、先輩食口に言われたことを思い出します。

「今のうちに聖書をしっかり読んでおいたらいいですよ。段々忙しくなってなかなか読めなくなるから。」


確かにその通りでありました。福音書はよく読みましたが、結局あちこち断片的には読むものの完読、通読できないままに今日に至っています。成約聖徒と言いながら、これでは恥ずかしいと以前より思っていましたが、これからはしっかり読んでいきたいと思っています。


そもそも旧約新約の土台の上で成約聖徒となるべきはクリスチャンであった訳ですが、1945年当時キリスト教が失敗したため、摂理は第2イスラエルであるクリスチャンから第3イスラエルである統一教会に移っていました。そして今統一教会(家庭連合)の失敗により再びクリスチャン(福音派プロテスタント)が浮上して摂理に用いられるようになって来た訳ですが、そのことは今ペンシルベニアの亨進二代王様の周りにはっきりと目に見える現象として現れています。


お父様御聖和後、徳野会長は「お父様が霊界に行かれたのでこれからペンテコステが起きます!」と語っておられましたが、私は「いつまでたっても起きないなあ。お父様は今どうしておられるのだろう…」と思ったりしていました。いろんなことがわかってみれば、お父様を背信した家庭連合にペンテコステが起きるわけはなく、今亨進様の周囲で次々に起きている訳です。これからはクリスチャンがどんどん伝道されてくるのだなあ、と感無量ですが、一方で家庭連合食口のことを思えば複雑で胸痛い思いです。


いつの頃からかはっきりとはわかりませんが、教会は段々と本来のユダヤ・キリスト教を土台にした成約信仰からずれていってしまったのだと思います。お父様御聖和後のみ言の改竄や伝統や教義の変更などはあまりにも明らかですが、その前から聖書を軽視し、原理のみ言以外のいろんなものを取り入れながら、初期の頃の清らかな霊界ではなく、雑多でこの世的な霊界になっていったような気がします。書写やホ・オポノポノ、コーチング…etc. 責任者が変わる度にいろいろやることが変わっていきました。それ自体は決して悪いものではなかったと思いますが、私は何故原理講義、原理教室をしないのかと思っていました。祈願礼式もよくしていましたが、実績を出すために、ということでどうしてもご利益的になっていたように思います。


そして段々と祈らなくなったのではないでしょうか。私の所属教区では夜精誠祈祷会というものがありましたが、実績に繋がるような講話や映像が殆どで、最後に申し訳程度に数分祈るだけでした。

主人曰く「あれは、精誠祈祷会ではない」「教会から清さがなくなった」



うちに勉強に来られる婦人食口の方が、讃美歌で癒されたり、聖句に感動したり、亨進ニムが歌われる姿に「お父様みたいですね」と涙される姿に、私も慰労を受けています。聖霊の恩恵を感じるのです。信仰の初期の頃、感動が多かった頃に戻った感じです。


いつの頃からか、家庭連合では、礼拝で清さや感動、恩恵を感じなくなっていましたが、今サンクチュアリで感動に満ちた日々を送らせていただいています。お父様の改竄されていないオリジナルのみ言、家庭盟誓、天一国国歌…etc. 伝統を守ってくださった亨進二代王様、国進様に心より感謝いたします。



先日の記事で原点回帰という言葉を使いましたが、私たちの原点は神様、イエス様、再臨のキリストであるお父様、聖書、原理のみ言であり、今日のタイトルにした本流回帰はユダヤ・キリスト教、旧約・新約の土台の上の成約信仰、という意味で使いました。それをしっかり踏まえて実体化できるよう努力してこそ真の天一国国家を為していけるのではないかと思います。



本流回帰し、正統信仰に戻れたことで、本心が喜んでいます。

神様と三代王権に心より感謝申し上げます。







よかったら、クリックお願いいたします🍇

鉄条網を断ち切って

降りしきる雨の音を聞きながら、記事を書いています。昨年の今頃私の住んでいる地域では、大雨による大変な水害がありました。一年近く経って町はかなり復興し、一見以前の姿を取り戻しているように見えますが、まだ多くの方がいろんな面で苦労しておられることを思います。



6日に発生した北海道の大地震では、どれだけの人が大変な思いをしておられるか…想像を絶します。

ただただこれからの復興と、被災された方々が立ち直っていかれることをお祈りするばかりです。



5日の夜に奇妙なことがありました。次女が「お母さん、胸がざわざわする。何かが起きるような気がする。でもいいことじゃなくて、よくないこと。何かわからないけど…」と言っていたのです。

翌日になって地震のことだったのかと思いましたが、本当に今はこれまでの既成概念を越えて、いつ、どこで、何が起きるかわからない艱難の時であることを実感しています。



今回タイトルにした「鉄条網を断ち切って」は上記のことと直接関係はありませんが、この頃思うことを綴ってみたいと思います。

これまでに何度か審判に関するお父様のみ言をアップしましたが、その中で特に印象に残っている言葉があり、最近よく心をよぎります。それは『鉄条網』と言う言葉です。その言葉を使われたみ言を再度揚げさせていただきます。



🔵真のお父様のみ言


「今日の人類は全て鉄条網圏内に捕らわれています。もし、この東西南北にいる警備兵を全て倒し、鉄条網を全て撤去させられれば、人間は生き返ります。これを撤去させるための行使は何かというと、大審判です。撤去しておいて、神様の一族は神様がもっていくのです。

審判とは、全てを火あぶりにすることではありません。今日のキリスト教が言うような、火あぶりにして殺すのではありません。殺すのなら、既に全て殺してしまったでしょう。鉄条網を断ち切って、行きたい所に行きなさいということです。」 ( 1962・10・28 )



(「天運と聖霊の宿る八大教材・教本」第3章 天一国入籍 第1節 審判と祝福 (2)審判の意味 より)




亨進様のみ言や、最近発刊されている書籍、アンダーメデイアで発信されている内容によって今やこれまで ‘ 陰謀論 ’ と揶揄されてきた世界を支配してきた恐ろしい国際組織の存在がはっきりと明らかになってきました。そして世界中に張り巡らされた目に見えない鉄条網の存在も…

意識する、しないに関わらず全ての一般人はその鉄条網に捕らわれてきたのです。


最近私は千円札を見ると気分が良くありません。裏側を透かして見ると富士山の頂上に眼が見えます。アメリカの一ドル札のピラミッドの頂点に眼があるのと同じです。これは通貨発行権を ‘ 彼ら ’ が握っている、ということなのでしょう。このような表象は改めて知ってみれば至る所にあります。



今家庭連合内で「お父様とお母様は完全一体」と信じきっている食口も、ある意味霊的鉄条網に捕らわれていると言えるのではないでしょうか。



艱難期間は後半とても厳しくなると言われてきましたが、頻発する災害を見てもそのことを感じますし、世界情勢、特に韓半島の事を思えば一体これからどのような展開になるのだろうと不安な気持ちがいたします。ミクロとマクロが繋がっているので、私たち一人一人が祈り、ささやかな歩みであったとしてもできることを精一杯実践することが不可欠であることを思います。



2世3世が生きる道を切り開いていくために、皆様共に頑張りましょう。

神様と三代王権に心より感謝申し上げます。






よかったら、クリックお願いいたします🐠

原点回帰してリスタート

すさまじい猛暑もようやく少し和らいできたようですが、まだまだ残暑厳しいこの頃ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。



先日サンクチュアリの姉妹達と集会をしました。前半は秋に予定している講演会に向けての勉強会、そして後半はランチしながらの親睦会でしたが、和気藹々であっと言う間に時が過ぎ、「もう、こんな時間?」という感じでした。


6名集まったのですが、サンクチュアリに来たのは、2人が2016年、1人は2017年、そして3人は今年になって来られた方たちです。そしてそのうち1人は1週間前に退会届を出したばかりの方でした。その方が数日前に夢を見たと言われます。どんな夢かと言うと、今20代後半の息子さんが2歳位の時の姿で出てきた夢だったそうです。そして「私は息子が2歳の年にUCに来たんです」とのことでした。


それを聞いて咄嗟に私は「それは原点に帰って今から再出発、と言うことなんでしょうね」と言い、ご本人も「そうでしょうね」と答えておられましたが、私は帰宅してからもその後も、この原点という言葉が心にずしりと残りました。



折しもその翌日8月25日は主人と私が参加した3万双の祝福記念日でありました。早いもので26年になりますが、当時UCがこのようになるとは、誰も夢にも思わなかったことだろうとしみじみ感じます。その後今日に至るまで実にいろいろなことがあったことを思い出しますが、確かに2005年を越え2010年に近づく頃には、〝何かおかしい〟と微かにではありますが、感じることが増えてきたのでした。



私自身教会の組織の中にいながらも、お父様のみ言に沿って訓読家庭教会をなしたいとずっと切望しつつ、中々思うようにできないことに焦燥感を抱いて歩んでいました。伝道が思うように進まず氏族メシアもできていないままに今日に至っています。正に「日暮れて道遠し」の感がありますが、これは諦める訳にはいきません。



〝原点回帰〟という言葉が心に浮かび、意味を確認してみました。



原点回帰……初心や基本に帰ること、または立ち戻ること、物事の起源や出発点に帰ることを指す。



私たち統一食口にとって原点とは何でしょうか、原理に出会い、再臨のメシア、キリストである真のお父様に出会ったことではないでしょうか。そして神様とメシアであるお父様と共にある人生を歩もうと決意したことではないでしょうか。



うちが退会届を出す時に主人が言った言葉を思い出します。「教会を信仰してきたわけではない。原理とメシアであるお父様を信じて来たんだ。神様とお父様がおられる所に行く」


韓お母様がお父様の対象の位置を離れることをされず、お父様のみ言と伝統を守っておられたならば、そしてお父様が代身者・相続者として戴冠され、祝祷された方、つまりメシアが油を注いだ方を追放され自らが権力を握り、そして女メシアを自称して原理を歪めることをされなければ、教会が分かれることはなかったでしょう。



私はサンクチュアリに来て本当に心が解放されました。それは天のお父様と真のお父様がおられる所に来て関係性を回復できたことを実感するからです。過去を振り返れば虚しく申し訳ない歩みに感じることも沢山ありますが、すべてをご存知の天のお父様と真のお父様が導いてくださったことを思えば、ただただ感謝に絶えません。もう若くはありませんが、肉身あるうちに来れたことが感謝ですし、私よりもずっと年上の先輩達が精力的に歩まれている姿に勇気をいただいています。



サンクチュアリに来られた方にはいろんな人がおられます。活発に動いておられる方も、過去の傷が簡単には癒えず中々前に進めない方もいるようです。後者の方に関しては連合時代にあまりにもつらい思いをされた恨があられるかと思いますが、その傷は神様とお父様との関係性によって必ず癒されるのではないでしょうか。今日の教会長の礼拝説教は「真のお父様の心情と心臓を持つ者」でしたが、本当に原点に帰らないといけない、と思わされる内的な深い内容でした。



神様とイエス様、真のお父様と亨進二代王様のことを知れば知るほど、心情世界に近づくほど復活し、力を与えられる私たちではないかと思います。これから全ての兄弟姉妹が原点回帰して復活体となり、喜びと感謝で歩まれることを心よりお祈り申し上げます。






よかったら、クリックお願いいたします🐚