泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

アベル革命の同志達

久しぶりに記事を書きます。


機械音痴でかってはネットなど縁遠い自分でしたが、数年前にスマホを使うようになり入手できる情報量が圧倒的に増えました。今ではスマホとタブレットは生活に欠かせないものになりました。特にありがたいと感じるのは自宅で亨進様の説教、King's Reportを初めサンクチュアリに関するいろんな記事を読み動画を見ることができることですが、他にもいろんな情報を入手するようになりました。


以前は情報と言えば新聞、テレビ。そして教会に関しては教会が発信するもののみでありました。それらが正しいことを発信していたら何の問題もなかったのですが、新聞、テレビは偏向し、教会も真実を隠すようになってしまっていました。新聞、テレビに関しては偏向していることはわかっていました。でもお父様のみ言、教会が発信すること、勝共、平和連合などの関連機関の情報誌などにより自分達は時事問題に関して世の中の人々よりも正しい情報を得ているんだ、という意識がありました。


それは以前はある程度その通りだったかもしれませんが、今かってとは比較にならない程の情報に接するようになり、しみじみと自分が無知であった、勉強不足であったことを痛感しています。お父様のみ言に対しても、今改めていろんな教材を訓読しながら不勉強であったことを、また読んではいても理解不足で実践、体恤できていなかったことを反省するばかりです。


時事問題に関しては、目下亨進様の発信されることを中心にしながら、テレビではBSフジのプライムニュース、ネットではチャンネル桜、虎ノ門ニュース、馬渕睦夫氏の「和の国の明日を創る」、らっきーでたらめ情報局などを参考にしています。

また、サンクチュアリのブログ村ではブロガーの皆さんがいろんな記事をあげてくださっていますのでそれらも参考にさせていただいています。

その他にSNSからもいろんな情報が入ってきます。私はfacebookをしていますが繋がっている人は60人余りで多くはありません。ですから自分が何かを発信して人に大きな影響を与えることはできていません。しかしこの頃繋がっている方達の関係で貴重な情報が入るようになってきました。その方達の中でいろんな保守系の会に所属している方がおられるのでその関連の情報にも接するようになったということです。


忙しい生活の中でネットに使える時間は限られています。この頃はポイント的に特に知りたいこと、気になることに的を絞って見るようにしています。また伝道を意識して交流している方が数名います。そのようなことをしてきながら最近よく思うことは、亨進様の語られる〝アベル革命〟についてです。〝救国運動を国民運動に高め、エリート層を分立し、アベル革命を起こす〟 日本の命運はこれができるかどうかにかかっているわけですが、私は希望はあると感じています。


偏向マスコミや日教組教育、間違った歴史観などにより日本は骨抜きにされ愚民化されてきましたが、そのことに危機や怒りを感じてきた人々が今立ち上がってきています。それは政治家のみならず、弁護士、評論家、ジャーナリスト、実業家などいろんな職業の人々、そして著名人もですが一般人も危機感を感じて立ち上がってきています。トランプ大統領支持のあるyoutuberの方が〝仲間を探して繋がろう〟というようなことを言っておられますが、大事なことだと感じます。


ただ保守と一口に言ってもいろんな方がおられます。小差に拘りすぎてはいけないと思いますが私が今意識しているのは、トランプ大統領をどう見ているか、ということでその方が普通の保守・愛国者なのか、またより広い視野で世界を見つめグローバリストの存在や今世界がどのような怖ろしい方向に向かっているかを理解している方なのかがある程度わかるということです。それで三代王権に繋がる私達がそのような方と連携していければ、摂理がより進むのではないか、と考えています。


日本ではトランプ大統領に関してひどい印象操作、レッテル貼りに満ちた報道が続いており保守の方でもトランプ大統領をあまりよく思っていない人が少なくないように感じますが、そのような中でトランプ大統領を正しく理解し支持する方は貴重です。私はそのような方を特に意識していきたいし、できれば繋がって協力していきたいと思います。 名もなき市井の者でありますが、神様はいろんな出会いを準備してくださっているように感じます。全国のサンクチュアリの皆さん、共に頑張りましょう。





よかったら、クリックお願いいたします🐚

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。