泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

祈祷したことを実践しなければ

🔵 真のお父様のみ言


祈祷したことを実践しなければ


ですから、体恤信仰がどれほど必要であるかを知らなければなりません。祈祷だけしていてはいけません。祈祷すれば実践しなければなりません。祈祷は、神様との公約です。祈祷は神様と人間との公約なので、これは誓いです。ですから、祈祷すれば必ず実践するのです。そして、一つの問題をもって毎日のように祈祷する必要はありません。心からの祈祷は一度するのです。そして、10年でも20年でも、祈祷する姿勢で、それが成された場に出会うことを慕い求める心をもちなさい。そのような心をもって暮らす人が、最も恐ろしい人です。

私がお父様の前に宣誓し誓ったので、10年、いや生涯そのことが訪れるのを歓迎する姿勢で、そのことにどこで出会うかを考えながらそれを求める人は、祈祷したことが成される場に向かっている人です。祈祷だけ10年する人よりも、一度訪ねていく人が知恵深いのです。10年してそれを見つけたとすれば、その人は既に祈祷の目的を成した位置に立つのです。ですから、実践が問題です。

その実践がどこにあるのかというと、天の国の神様の中にあるのではなく、私たちの生活圏内にあるのです。私たちの生活圏内で天国と地獄が分かれます。生活圏内で天国ができ、地獄ができるのです。皆さんの心と体を中心として行動する、ここに、プラス世界とマイナス世界が行ったり来たりするのです。

私たちの教会の周囲で暮らす人たちを見れば、そのように暮らす人は一人もいません。すべて、ぷかぷか浮かんで根のない浮草のようです。根がなければなりません。語るにしても何をするにしても、この三角関係を中心として、四位基台の目的を達成しなければなりません。皆さん、創造目的とは何ですか。四位基台の完成です。四位基台は、どこにでも通じるのです。

仕事をするときも、心と体が中心と一つになって一体を成すことができなければ、これは悪です。心と体が本当に一つになれば、それが四位基台です。仕事も同じです。四位基台が目的です。私の心と体が一つになり、その仕事と一体にならなければ、四位基台の目的が成し遂げられないので、その仕事は何の役にも立ちません。監督がいるから、誰かが見ているから仕事をするのですか。天国と地獄は、空中にできるのではありません。皆さんの生活圏内で心と体が一つになり、三対象目的圏中心として、創造原理の法度によって成されていくのです。

ですから、体恤信仰というものは、霊界から協助してするというよりも、生活圏内で鑑定し、発展させていかなければなりません。自分が被害を受けることなく前進的な信仰過程と生活過程を具備できる人は、間違いなく神様が共にいらっしゃるのです。そのように発展した人に教えてあげれば間違いないので、その人が願わなくても神様が訪ねてこられるのです。

その反面、祈祷だけして行動できない人には、神様が訪ねてこられても、また離れていくのです。ですから、体術的信仰の基盤を私たちの生活圏内で立てることが、何よりも重要であることを知らなければなりません。



( 40ー275-299、1971・2・7 )

(「後天時代の生活信仰」 第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )





よかったら、クリックお願いいたします🍨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。