泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

神様の心情を感じて暮らす

🔵 真のお父様のみ言


神様の心情を感じて暮らす


神様が喜ばれ、悲しまれることを、常に識別しながら暮らす人は、悪なる人になろうとしてもなることができず、天の法度に背こうとしても背くことができません。そのような男性は、いくら美人が誘惑しても相対しません。そこに同化できないのです。

公的であれ私的であれ、神様が最も嫌われる人は、対人関係において、人を利用しようとする人です。そして、その次には、何でも自分の利益を中心として判断しようとする人です。神様が好まれる人は、譲歩する人です。譲歩とは、自分がその人についていくことです。その人が「こうしよう」と言う、そのとおりについていくのです。ずっとついていけば回るようになり、回ればあとから自分がその位置を占領するようになります。結局は、その人のすべてのものを占領できるのです。

ですから、常に柔和謙遜にして、その人が「こうしよう」と言う、そのとおりに従順、服従、屈服しなければなりません。それはなぜかというと、その人を完全に占領するためです。人だけを占領するのではなく、その人のすべてを占領するための作戦です。したがって、私たちの信仰世界においては、自分を否定し、その代わりに相手の要求に完全に順応していく作戦をとらなければなりません。それは、自分自体がなくなるのではなく、相手を完全に占領するための一つの作戦なのです。このようなことを、皆さんは生活で感知しなければなりません。

最近はそうではありませんが、先生は昔そのようなことをたくさんしました。道端に出て、通り過ぎる人を見ながら、どのような感じがするかを調べるのです。「あの人は間違いなくこうだ」と思うとき、それが本当に当たっているかいないか、ついていって確かめてみるのです。「あなたはこうでしょう?」と尋ねてみます。それは、霊界で教えてくれるのではなく、自分の心が既に知っているのです。それで、「あなたはこのような人ですね」と尋ねてみれば、「どうして分かるのですか」と驚くのです。間違いなく当たります。じっと座って、あの部屋に誰がいるのか、良いことをしているのか、悪いことをしているのか、良い人が暮らしているのか、悪い人が暮らしているのかを、すぐに知ることができるのです。皆さんもアンテナをだんだんと高めていって、そのように発展させなければなりません。ですから、宇宙のすべての因縁に従って識別する鑑別士の生活が、信仰者の生活です。



( 「後天時代の生活信仰」 第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )






よかったら、クリックお願いいたします🍹

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。