泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

神様に侍って天国の人格を完成する

🔵 真のお父様のみ言


神様に侍って天国の人格を完成する


ですから、そのようにして、一日の生活を何気なく過ごしてはいけないのです。それは、すべて天が実際の生活を中心として天国を成すための一つの材料であり、一つの教材として私に接近させてくれるものです。そうだとすれば、それを良い結果として消化させることができる主体的な自我をどのように発見するか、ということに力を注がなければなりません。

それを発見するためには、皆さんが最初に感じ取ったものを父の前に常に相談し、共鳴体とならなければなりません。心を開け放ち、昼夜を問わず、いつでも天に接することができるそのような基準にさえなれば、必ず霊波が来るのです。

皆さんがそれを知らないだけであって、これをだんだんと段階的に育てていかなければなりません。育てて、「ああ!私が感じたことが何パーセント当たった」という自信を持てるまで、努力しなければなりません。それが体恤できなければ、「自分が精誠を尽くさず、完全な共鳴体になることができなかったために、それを感じられなかった」と考えなければなりません。私たちはアンテナと同じです。ですから、純粋なアンテナのような立場に立って、霊界の波長を感知できなければなりません。

霊界は常に霊的な波長を送信しています。したがって、私が何かをするときに必ず関係を結んでいるので、主体と対象の前にどんなものが必要な二重目的の価値になるのかが、おのずと分かるようになるのです。

それを皆さんが、最初に感じ取ったものを通して分析し、発展させることに努力すれば、自然と自分自身が実際の生活に神様を迎えて生きるようになります。観念的な神様ではなく、生活的な神様として侍って暮らせば、この険悪な世の中で、堕落せずに天国の人格を完成することができるのです。

祈祷を通して、神様の役事を通して恩恵を受ける基準に行けるかもしれませんが、それは霊界から霊人たちの協助を受けて成されることです。しかし、本来私たち人間は、生命体や生霊体をもつようになっています。私自体に霊があるのです。したがって、霊力を中心として霊の作用を開発してさえおけば、霊人たちが指導してくれなくても、私自体の生霊体において感知し得る能力が生まれてくるのです。

このように、ある基準にまで達するようになれば、神様が悲しまれるとき、私にも形容し得ない悲しみが伝わってきます。ある人に会ってから別れて送るとき、言葉に表せない悲しみを感じるようになれば、その人の行く道は、祭物の道か、そうでなければ神様が哀れむ道です。その二つのうちの一つの道であることに間違いありません。そのようなことを実際に感じ、生活圏内で刺激を受け得る立場に立った人であってこそ、体恤的な生活をしている人です。


( 「後天時代の生活信仰」 第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )






よかったら、クリックお願いいたします🐞

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。