泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

覚醒、模索、そして複眼思考

久しぶりに記事を更新します。ここしばらく様々に思うことはあっても、いろんな思いが交差してなかなか考えをまとめることができませんでした。


東アジア情勢は北朝鮮の動向を中心に最高に緊張しています。それまで森友学園問題、豊洲問題ばかり不自然な程に過熱報道し、そして最近では真央ちゃんの引退に焦点を当てていたマスコミも、さすがに今に至っては新聞もテレビも詳しく報道するようになりました。


この件に関して人々の関心は高まり、北朝鮮の暴走やそれに対するアメリカの対処によっては、日本も核やミサイル攻撃に晒され、韓半島が戦争になれば日本もただではすまない、という危機感が強まってきています。しかしながらその度合いは世界情勢や日本の危機に敏感にアンテナを立ててきた人とそうでない人ではかなりの温度差があるのではないかと感じます。


私たちはお父様の権限圏に戻る祝福の恩恵に預かり、亨進二代王様、三代王権に繋がらせていただいた故に、そして日々亨進様の説教やThe King's Reportで深く学ぶことができるお陰で、何故世界が、東アジアが、そして韓国や日本が今のような状況になっているかを摂理的に理解することができます。そしてその故にその深刻さと怖ろしさを、過去の歴史と照らし合わせながらひしひしと感じざるを得ません。しかしながら世の中の人々は、テレビや新聞の報道を聞いてもまだ実感なく過ごしている人が大多数ではないでしょうか。


私も遅ればせながら地方で救国運動に参加させていただこうと思っていますが、今国民全体が危機意識を強く持って立ち上がっていかなければ、日本も本当に危ない所に来てしまっていることを痛感します。


そして一般の方もそうですが、皮肉なことに家庭連合の兄弟姉妹も危機意識が薄い人が多いことに愕然とするのです。「真の父母様を信じ抜いて証していけば何とかなる!」このように思っている人が案外多いように感じます。


しかし一方で何かおかしい、どうしてこういう風になっていくんだろう、と疑問を持ち不安を抱いている人も必ずいるはずです。私もお父様の御聖和後、韓日の関係が段々と悪化していくことに疑問を持っていました。清平に行ったり日本での祈願祭に参加する度に「天運天福!◯千億の絶対善霊!

皆さんは福のある方達です!」と訓母ニムが言われるのを聞いていましたが私はいつしか「最近いつも同じことしか言われないなあ…」とか「どうして韓日関係はひどくなっていくんだろう…天運があるはずなのに…」などと考えていました。


その頃元教区長の方と韓日関係について話したことがありますが、その方はこう言われました。「朴大統領がお母様にお会いすればいいんだよ。そうすれば全て解決するんだ」

その時私は内心「…そうかなあ…」という感じでしたが、そういう思考をされてた方は今の現状をどのように解釈しておられるのだろうかと思います。


今の危機的状況はある意味人々が目覚めるチャンスではないかと思います。まず疑問を持つこと、そして調べること、いろんな情報に接すること、そして一つの情報を鵜呑みにせずよく吟味すること、沢山の情報を取捨選択しながら、複眼的思考を心がけていくこと、そういうことが本当に必要な時ではないかと思います。アメリカやイギリスなどで起きていることはそういう風にして目覚めた人々の強い意志が大きなうねりとなっているのだと思います。


悪魔崇拝のグローバリスト、世界共産主義でこの世を支配し人類の奴隷化、家畜化を目論むスーパーエリートの人々は私たちが、日本人がずっとマスコミに洗脳され続けて、平和ボケ、思考停止、お花畑、刹那的、享楽主義であることを願っています。戦後ずっと3S政策や愚民化政策で日本人がそうなるように仕向けてきたのです。




彼らの計画を決して成就させず、神様の王国を築くため伝道と救国運動に励んでいきたいと思います。皆様共に頑張りましょう。




よかったら、クリックお願いいたします🍀

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。