泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

み言に対する絶対信仰と絶対実体

🔵真のお父様のみ言


メシヤを迎えるべきこの時に、私たちがしなければならないこととは、サタン世界のいかなる思想の侵犯も受けない、絶対的に神様のみ言を信じる信仰者にならなければならないということです。

そのような信仰者が必要です。世の中のいかなる栄光や栄華があっても、それに揺さぶられることなく、それを断ち切ってメシヤのために立ち上がれる、分立された人にならなければならないのです。そうすることによって、神様の愛の圏内に立つことができるのです。それが歴史的な公式路程です。

( 1972・3・1 )



カインとアベルを中心として見てみるとき、アベルは神様のみ言を絶対的に信じました。その次には、サタン世界から抜け出す行動をしました。サタンと一つになっていては、神様の愛を受けられません。完全に分立されて初めて、神様の愛を受けられるのです。神様のみ言を絶対的に信じ、体をサタン世界から分立しなければなりません。その次に、神様の愛を受けなければならないのです。

( 1972・3・1 )


サタンを屈服させるには、何をもって屈服させるのですか。み言と一つになった基準をもって、屈服させなければなりません。それ以外は方法がありません。堕落とはなんですか。み言と分離してしまったことです。一つになれなかったことが堕落ではないですか。ですから、蕩減復帰原則において、み言を中心として一つになることによって、人格が復帰されるのです。

人格が復帰されたということは何であり、み言と一つになったということは何ですか。堕落していない人の位置に立ったということです。その堕落していない人は、天使長を屈服させ得る権限を備えた人です。ですから、皆さんは最前線に出ていき、サタンを屈服させて戻ってこなければ、神様の愛の世界を許諾されません。それが公式です。( 1972・8・17 )



真の神様が喜び得る、信仰の立場に立ち、真の神様が喜び得る、実体の立場に立ち、真の神様が永遠の愛の対象と考え得る、喜びの立場に立ちましたか。ですから、復帰の過程においては、絶対的な信仰が必要であり、絶対的な原理を通して、絶対的な実体をつくらなければなりません。原理のみ言を通して、サタンを屈服させるのです。これが実体復帰です。その次に、メシヤのために基台を立てなければなりません。それが原理です。 ( 1973・7・29 )



実体が解放されるためには、実体がみ言と一つにならなければならず、心情が実体と一つにならなければなりません。み言が実体をもてなければ、み言を成し遂げたと言うことはできず、その実体が神様の心情と一致するまでは、サタン世界に対して、神様の代わりに闘う息子にはなれず、娘になれません。 ( 1971・4・30 )



〈 「天運と聖霊の宿る八大教材・教本」第2章 訓読生活 第1節 み言の相続

(3)み言に対する絶対信仰と絶対実体 より 〉




これらのみ言を読みながらいろんなことを考えました。このみ言のごとく生きてくださった亨進様、国進様のこと、残念ながらそうではなくなってしまわれたお母様のこと‥‥


そしてまた過去数年間の自分の歩みや内的生活を思い起こすとこの内容とはかけ離れていたと思います。かってはこのような世界を感じながら、闘いながら歩んでいたけれど、上がったり下がったり、そしていつの間にか人間的、表面的、相対的な混沌とした歩みになっていたなあ、と感じます。


そして今現在はどうかというと、この内容が非常に近くなっています。かけ離れた世界ではなく、このようになりたいし、ならなくてはいけないと思うことができる自分がいます。蘇ったということでしょう。それは、いつの間にかおかしくなって偽りの世界となっていた教会でがんじがらめになっていた、本来主管されるべきでないものに主管されていた自分が、天のお父様、真のお父様に戻ることができた故だと今はっきりと悟ることができます。


いつの間にかどんよりと曇らされていた自らの本性を蘇らせてくださった天の導きに、真のお父様の権威に戻る祝福に、そして亨進様ご家庭、国進様ご家庭に心より感謝申し上げます。






よかったら、クリックお願いいたします🎃

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。