泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

陰謀論について

最近Amazonで昔読んで衝撃を受けた一冊の本を取り寄せて再読してみました。昭和57年に山手書房から出版された本です。題名は「情報の選択ー‘世界を操る裏の陰謀を見抜け’」、著者は既に故人となられましたが当時西日本新聞解説委員長をされてた益田憲吉氏です。当時新聞に “ くるま座 ” というコラムを書かれてて、私はそのコラムが好きでいつも興味深く読んでいました。著書の‘選択シリーズ’(「日本人の選択」、「教育の選択」、「情報の選択」)は全て読みましたが、この最後の「情報の選択」はとてもショッキングなものでした。内容を一口で言えばいわゆる‘ 陰謀論 ’ のはしり、と言えるかもしれませんが、当時20代前半の私にとっては初めて知る衝撃的な内容でフリーメイソンやユダヤ金融財閥の存在もこの時初めて知りました。


当時大きな書店では世紀末に関するものやユダヤ本も多く出ており、何冊か買って読み友人たちと話題にしたりしていましたが、その数年後教会に出会って原理を知った後に、著者の益田氏との不思議な出会いがありました。当時み言を知ったばかりではありましたが、何とかこの方に統一原理や勝共理論をお伝えしたいと、書籍を送ったり手紙を書いたりしていました。が、何とその後若くして(60代)亡くなってしまわれました。


献身後は、慌ただしい生活の中でみ言以外の書籍を読むことはほとんど無かったのですが、その時知った内容はいつも頭の片隅にありました。そして “ メシヤであるお父様はこのことをどのように見ておられるのだろう ” というのが私の疑問でした。そしてお父様聖和後のここ数年はネットを見るようになり、巷でいろいろ取り沙汰されている‘ 新世界秩序(NWO)’ のことも気になっていましたが、いろんな情報が錯綜し陰謀論そのものを荒唐無稽なものとする論調もあり、真実はどこにあるのだろうと思いながら知る術がありませんでした。


そういう自分でしたので、2015年1月25日の亨進様の「神様王妃を救い給え」の説教は本当にいろんな意味で感謝でありました。それまで教会に対して抱いてきた疑問と共に、その件に関して30年以上前から心の底にあった疑問に対する答えが与えられたからです。それは次の箇所でした。


「神様は何故、ここで私に政治を学ばせたでしょうか。政治が民衆の統制手段として、利用されている様子を何故学ばせたのでしょうか。一つの略奪階級が、政治を理解することにより、統制体制を作り上げる様子を、何故学ばせたでしょうか。それを話したとき、人は私が、気が違ったと思いました。 (中略)

独占、多国籍企業、中央銀行家たちの巨大権力などが、財力を用いてマネーサプライを操作して、各国政府を掌握する様子を検討しました。彼らは、政治家を買収して操ることが可能です。このような内容を説教するたびごとに語り、アメリカでは、無制限な選挙献金が認められたことで、大統領までもが、このような勢力に操られていることを学びました‥‥」


まだまだ続きますがこの内容に触れた時、私は教会で起きていることと世界で起きていることが連動し繋がっていることを知りました。その後現在に至るまで、亨進様の説教は益々深みとスケールを増して、今世界で起きていることを私たちに具体的に実にわかりやすく教えてくださいます。これは正に神業であると私は説教の度に思うのです。聖書の解説もそうですが、世の中のどこでこのような内容を学ぶことができるでしょうか。神様、イエス様、お父様が共におられる亨進様であられるから、このような内容が私たちに与えられるのだと感謝と感激に絶えません。艱難の時、実に深刻な時でありますがこのような内容を知る立場に立てていただいたことを心から感謝すると共に、今自分たちにできることを精一杯なしていかねばと思う次第です。







よかったら、クリックお願いいたします🌾

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。