泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

審判の意味

🔵 真のお父様のみ言


歴史上に終末があるという話は、天を中心として見るとき、幸せな話です。審判という言葉は、悪い言葉ではなく、福音です。悲しみの立場から数千年間呻吟してきた歴史的な恨を解き得る、怨恨の心をもった息子、娘の恨を解いてあげられる一日にならなければならないので、そのような審判の一日が来なければなりません。 ( 1972・11・5 )


今日の人類は、全て鉄条網圏内に捕らわれています。もし、この東西南北にいる警備兵を全て倒し、鉄条網を全て撤去させられれば、人間は生き返ります。これを撤去させるための行使とは何かというと、大審判です。撤去しておいて、神様の一族は神様がもっていくのです。

審判とは、全てを火あぶりにすることではありません。今日のキリスト教が言うような、火あぶりにして殺すのではありません。殺すのなら、既に全て殺してしまったでしょう。鉄条網を断ち切って、行きたい所に行きなさいということです。 ( 1962・10・28 )



審判とは何かというと、清算です。清算して手本となり得るものをよく収拾し、新しい国家編成時代の偉業として、残しておかなければなりません。 ( 1988・10・15)



終末には審判をします。「審判」という文字の意味を調べてみると、「審らか(つまびらか)に調べて判断する」という意味です。正しくないものを打つということです。 ( 1963・3・16 )



本来、神様の審判というものは、創造の当時にはありませんでした。堕落のために生じたものです。

言い換えれば、サタンによって生じたものです。神様が愛する息子、娘を打つようなことを、神様はできません。赦してあげてサタンから抜け出すことができるならば、その赦しの道をいくらでも選ぶのです。 ( 1976・1・1 )


(「 天運と聖霊の宿る八大教材・教本 」 第3章 天一国入籍 第1節 審判と祝福 (2)審判の意味 より)




これまで審判について漠然としたイメージしかありませんでしたが、お父様はこのことについて

以前から多くのみ言を語っておられたことを知りました。「鉄条網を断ち切って、行きたい所に行きなさい」というのは、正に今のことだと思います。今こそ各自が神様に真剣に祈り求め自らの良心に尋ねて、自由と責任において正しい選択をなすべき時なのでしょう。この混沌とした混乱の時代にあって、一人一人が人任せにするのではなく、これまでの習慣に沿って曖昧にするのではなく、深刻真剣に求めなければならない、目覚めなければならない、大変な時を迎えているのだと感じます。


まだ眠りの中にある、あるいは迷いと葛藤の中にある全ての兄弟姉妹に、天の導きがありますよう心よりお祈りいたします。






よかったら、クリックお願いいたします🎨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。