泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

聖歌32番「帰れわが子よ」 66番「イスラエルよ帰れ」

日常生活の中でたまにふと聖歌や讃美歌のメロディ、歌詞が浮かぶことがあります。今日はこの2曲でした。

改めて聖歌集を開いて歌ってましたら、神様の復帰の心情が胸に迫って来ました。。私たちは何と愚かな小さな者でありましょうか。そして何と神様から離れ何度も過ちを犯す存在でしょうか。そのようなことが思われました。


自分自身あまりにも無知で愚かでありました。「無知は死の影」と言いますが正にそこにいたのです。しかし数10年前の復帰の時に、そしてまたこの時に再び神様は、そしてお父様は手を差し伸べてくださいました。

娘が言うのです。「お母さん、戻れたの奇跡だね!」と。本当にそう思います。


真のお父様の権限権に戻る祝福はまだ門が開いています。まだ氏族が来ていない私にとってこのことは本当に有難い希望なのです。気にかかる兄弟姉妹も沢山います。まだ戻って来れる人がいる、と言うことだと思っています。しかし、いつまで門が開いているのかわかりません。韓国や日本が今後どうなっていくのかもわかりません。委ねながらできることを精一杯やっていくしかないと思っていますが……



何度も歌ってきた懐かしい2曲の歌詞を以下に記します。




「帰れわが子よ」


1. 帰れわが子よ とく帰れよや

汝が罪深くいかに重くも

主はすべて許し 受け入れたもう

主のみこころは 限りなく広し



2. 帰れわが子よ とく帰れよや

我が主は日ごと 尋ね求めて

夜ごと戸を開き 心痛めつ

去りしいとし子を 待ち望みたもう



3. 帰れわが子よ とく帰れよや

むち打たれても 我が主のみ手に

打ちしあといたわり 慰めたもう

主のふところに とく帰り来たれ






「イスラエルよ帰れ」


1. 背信のイスラエルよ

わが許に帰り来よ

裸の山に聞こえる

イスラエルの民の声が

悲しみ祈る声が



2. 背信のイスラエルよ

わが許に帰り来よ

背きし罪責めじと

主は涙流し給う

許しの愛もて



3. 見よわれらは帰らん

主こそわれらが神

今なつかしき名をば呼びて

帰り仕えんわがふるさと、わが父







よかったら、クリックお願いいたします🍀

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。