泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

鉄条網を断ち切って

降りしきる雨の音を聞きながら、記事を書いています。昨年の今頃私の住んでいる地域では、大雨による大変な水害がありました。一年近く経って町はかなり復興し、一見以前の姿を取り戻しているように見えますが、まだ多くの方がいろんな面で苦労しておられることを思います。



6日に発生した北海道の大地震では、どれだけの人が大変な思いをしておられるか…想像を絶します。

ただただこれからの復興と、被災された方々が立ち直っていかれることをお祈りするばかりです。



5日の夜に奇妙なことがありました。次女が「お母さん、胸がざわざわする。何かが起きるような気がする。でもいいことじゃなくて、よくないこと。何かわからないけど…」と言っていたのです。

翌日になって地震のことだったのかと思いましたが、本当に今はこれまでの既成概念を越えて、いつ、どこで、何が起きるかわからない艱難の時であることを実感しています。



今回タイトルにした「鉄条網を断ち切って」は上記のことと直接関係はありませんが、この頃思うことを綴ってみたいと思います。

これまでに何度か審判に関するお父様のみ言をアップしましたが、その中で特に印象に残っている言葉があり、最近よく心をよぎります。それは『鉄条網』と言う言葉です。その言葉を使われたみ言を再度揚げさせていただきます。



🔵真のお父様のみ言


「今日の人類は全て鉄条網圏内に捕らわれています。もし、この東西南北にいる警備兵を全て倒し、鉄条網を全て撤去させられれば、人間は生き返ります。これを撤去させるための行使は何かというと、大審判です。撤去しておいて、神様の一族は神様がもっていくのです。

審判とは、全てを火あぶりにすることではありません。今日のキリスト教が言うような、火あぶりにして殺すのではありません。殺すのなら、既に全て殺してしまったでしょう。鉄条網を断ち切って、行きたい所に行きなさいということです。」 ( 1962・10・28 )



(「天運と聖霊の宿る八大教材・教本」第3章 天一国入籍 第1節 審判と祝福 (2)審判の意味 より)




亨進様のみ言や、最近発刊されている書籍、アンダーメデイアで発信されている内容によって今やこれまで ‘ 陰謀論 ’ と揶揄されてきた世界を支配してきた恐ろしい国際組織の存在がはっきりと明らかになってきました。そして世界中に張り巡らされた目に見えない鉄条網の存在も…

意識する、しないに関わらず全ての一般人はその鉄条網に捕らわれてきたのです。


最近私は千円札を見ると気分が良くありません。裏側を透かして見ると富士山の頂上に眼が見えます。アメリカの一ドル札のピラミッドの頂点に眼があるのと同じです。これは通貨発行権を ‘ 彼ら ’ が握っている、ということなのでしょう。このような表象は改めて知ってみれば至る所にあります。



今家庭連合内で「お父様とお母様は完全一体」と信じきっている食口も、ある意味霊的鉄条網に捕らわれていると言えるのではないでしょうか。



艱難期間は後半とても厳しくなると言われてきましたが、頻発する災害を見てもそのことを感じますし、世界情勢、特に韓半島の事を思えば一体これからどのような展開になるのだろうと不安な気持ちがいたします。ミクロとマクロが繋がっているので、私たち一人一人が祈り、ささやかな歩みであったとしてもできることを精一杯実践することが不可欠であることを思います。



2世3世が生きる道を切り開いていくために、皆様共に頑張りましょう。

神様と三代王権に心より感謝申し上げます。






よかったら、クリックお願いいたします🐠

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。