泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

「お父様を慰労してさしあげられる子女とならせてください」ー父の祈り 6 孝心編

お父様!

私たちが生命を持ったとするなら、

その生命の原動力が

「私」一人で制限されないよう許諾してくださり、

み言の能力を持ったとするなら、

そのみ言が私たち一個人に

とどまらないよう許諾してください。


ひいては、そのみ言と生命の力が

民族を越え、世界を巻き込んで、

天と地を動かす力となることのできる

私たちとなるよう許諾してくださることを、

お父様、

懇切にお願い申し上げます。


今、お父様を捜して立った私たち、

お父様はただ私たちが考えるように

栄光のお父様としてだけおられるのではなく、

十字架の峠をも越えておられるお父様であることを、

私たちは知りませんでした。

今日、

栄光の主を待ち望む人はたくさんいますが、

苦難の主に従っていこうという、

真の志を持った人がいませんので、

お父様、

かわいそうな人間たちを受け入れてください。


お父様!

今、祭物の峠を越えるべき私たちでございますが、

お父様が私たちを取り戻すために、

到底口では語ることのできない

苦労をしてこられたことを知るときに、

私たちはこの道を

行くまいとしても行かざるを得ないことを感じるものでございます。

残された歴史的なすべての負債を

蕩減すべき、全体的な使命が、

今日、私たちにあることを知っていますので、

私たちに足りなさがあるとするなら、

それを除去し、

負わされた使命を成就できるよう

許諾してください。


この民族のために、

あるいは世界のために、

あるいは天と地のために、先にこの民族を

お父様の前に立てることができるよう許諾してくださり、

また、そのようにしても残り得る

息子・娘となるよう許諾してくださいますことを、

お父様、

懇切にお願い申し上げます。

6千年の歴史過程で残された、

罪悪のわめき声を聞いている私たち、

これからはアダムとエバの立場を経て、

新しい善の先祖たちとして越えていくべき

立場に立っているということを知っていますので、

現実のすべてのものを踏み越えて、

新しい世界を創建する

天の役軍として立ててくださいますことを、

愛のお父様、

懇切にお願い申し上げます。


今まで私たちを

慰労なさったお父様を捜しました。

慰労を受けるために捜しましたが、

今からは慰労してくださるそのお父様の身代わりとして、

主にかえって侍ることのできる

私たちとなるよう許諾してください。

また、

この使命を成就するために心を砕いた

私たちのすべての能力が、

私たちの心にその望みが果たされるときまで、

残っていることができるよう、

お導きくださいますことを懇切にお願い申し上げながら、

愛する主のみ名によってお祈り申し上げました。アーメン。

( 1958・5・4 )




よかったら、クリックお願いいたします💐

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。