泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

「天宙を代表する真の子女とならせてください」ー父の祈り 6 孝心編

愛のお父様!

イエス様が地上に来られたのは

「私」一人を捜すために来られたのだと思いましたが、

それがすべてではなく、

「私」の家庭のために来られたのだと思いましたが、

それがすべてではなく、

選民イスラエルだけのために来られたのだと思いましたが、

そうではありませんでした。

ある教派のために来られた方でもございませんでした。


イエス様は全被造世界の望みであったと同時に、

そのすべての価値を身代わりして来られたということを

私たちが知りましたので、

お父様、

そのように

全体を復帰すべき使命を持ったイエス様の前に、

今日私たちは

どのような心を持っているでしょうか?

「私」の家庭をつかんで死のうという人々とならないよう

許諾してください。

「私」の民族、

「私」の国、

「私」の世界をつかんで死のうという人々とならないよう

許諾してください。


「私」が生きても天地を代表し、

「私」が死んでも天地を代表して死ぬ、

すなわち天宙の生死の問題をかけて、生きることのできる人と

なるよう許諾してくださいますことを、

愛するお父様、

懇切にお願い申し上げます。


今日この被造万物の中に、

イエス様が復帰すべきみ旨が成されず、

嘆息のわめき声が残っているとするなら、

私たちによってそれを除去させてくださり、

イエス様とお父様まで安心させてさしあげ、

その心情まで通過して、

お父様と永遠なる因縁を結ぶことのできる

真の息子・娘となるよう許諾してくださいますことを、

お父様、

懇切にお願い申し上げます。


そうして

歴史的なすべての恨みを解怨し、

解怨の慰労を受けることができるよう、

お父様、

許諾してくださり、

共に進むことができるよう許諾してください。

私たちが万事を忘れ、

天を賛美してさしあげられる

真の孝子孝女たちとなるよう許諾してくださいますことを

懇切にお願い申し上げ、

すべてを主のみ名によってお祈り申し上げました。アーメン。

( 1958・3・23 )




よかったら、クリックお願いいたします🌺

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。