泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

「新婦のような立場で責任を果たさせてください」ー父の祈り 6 孝心編

お父様!

寂しい者たちをご案じになられる

お父様の心情が分からず、

かえって今まで、私たちのもどかしさを

お父様の前に解いてくれと訴える、

不忠不孝な立場にあった私たちを

受け入れてください。


天の心情がこのように悲痛であり、

このようにもどかしいということを悟り、

おそれ多くも、お父様に

私たちの事情を申し上げることができないということを、

分かるようにしてください。


お父様!

それだけでも足りませんので、

お父様の心配、

お父様の気掛かりを、

今日の私たちの一身を通して

解いてさしあげられるよう許諾してくださり、

お父様の前に、

私たちのすべてのものを捧げられる

息子・娘たちとなるよう許諾してくださいますことを、

愛するお父様、

懇切にお願い申し上げます。


今日私たちが、

天に対する価値的な条件を、

私たちの実際の生活圏内で

立てるために努力しておりますのでので、

お父様、

共にいてください。


私たちは

天の全体的な価値の条件を立てるにおいて、

私たちの犠牲を

喜ぶことのできない足らない者たちでございましたが、

これからはお父様の前に

無限に利用されながらも、

楽しむことのできる心を持った息子・娘となりますので、

お父様、

許諾してください。

そのような私たちの歩みを、

サタンも遮ることができないということを知っておりますので、

きょうもあすも、

私たちの心が変わらないようお助けくださいますことを、

愛するお父様、

懇切にお願い申し上げます。


お父様!

私たちが

新郎であられるイエス様の新婦になろうとするからには、

新郎が心配すれば私たちも心配し、

新郎が闘えば私たちも共に闘い、

死のうと生きようと、新郎と共に動じるべき

立場に処している私たちであることが

分かるよう許諾してくださり、

闘いの過程を経て、

解放の恩賜の中で

お父様の栄光を歌う、新郎の楽しみを

体恤する新婦の立場に立ててください。


そうして、

失ったすべてのものを捜し、

お父様の栄光を

喜びをもって誦詠してさしあげられるひと日が、

早く早く私たちの生涯路程に、

私たちの生活に、

私たちの心の上に現れるよう、

許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げながら、

すべてを主のみ名によってお祈り申し上げました。アーメン。

( 1957・10・4 )





よかったら、クリックお願いいたします📗

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。