泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

「お父様の恨みの心情を解怨する子女とならせてください」ー父の祈り 6 孝心編

愛のお父様!

天上の恨みとして残されている闘いの歴史を、

終結させる人のいないことが、

あなたの嘆息であることを知りました。

人間たちによって植えられた堕落の根本の根を、

人間たちが引き抜いてしまうべきでありましたが、

長い歴史が経過したにもかかわらず、

いまだに人間たちは

その罪の根を引き抜けずにおりますので、

お父様、

それを引き抜くことができるよう許諾してください。

私たちすべてが、

お父様の心情に徹して

一体となるよう許諾してくださいますことを、

懇切にお願い申し上げます。


お父様の切ない心に

似るよう許諾してくださり、

お父様が望まれるその望みを、

私たちが新しくもつよう許諾してください。

残された恨みの歴史に責任を負い、

億万の怨讐サタンと闘うことができ、

天を代表して現れる

勇者たちとなるよう許諾してくださり、

地を代表して立つことのできる

勇者たちとなるよう許諾してください。


残された戦場で、

永遠なるお父様の愛の心情を互いに施し合うことのできる

喜びの園が築かれるときまで、

各自お父様のみ旨に

責任を負い、立つことができるよう許諾してください。

各自がお父様の全体的なみ旨を身代わりして、

サタンと闘うことのできる

お父様の勇猛なる息子・娘となるよう許諾してくださいますことを、

愛するお父様、

懇切にお願い申し上げます。


お父様の喜びの恩寵を、

私たちの体と心が

体恤するよう許諾してくださり、

私たちを中心として

再創造の役事を巻き起こしてください。

そうして、

罪悪の根を抱き、

闘って勝つことによって、

お父様の愛を体恤し、

お父様の前に栄光を帰し奉り得る

子女たちとなるよう、許諾してくださいますことを、

愛するお父様、

懇切にお願い申し上げます。


今、聖霊の炎を、水を注ぐように注いでくださり、

あなたが選んだ子女たちが一つに団結し、

この暗い世の中と対決して

闘うことができるよう役事してくださり、

6千年の恨みの心情を身代わりして、

すべての悪を殲滅して立つ

あなたの息子・娘となるよう許諾してくださいますことを、

お父様、

懇切にお願い申し上げます。


今、残された戦場で、

お父様に負債を負う者たちとならないよう許諾してくださり、

永遠なる勝利の恩賜を

消化できるよう許諾してください。

お父様の祝福のその心情を

地上に表すことのできる、理想の園を建設する時まで、

百折不撓の勇士の心情をもち、

お父様のみ旨を立てていくことができるよう、

許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げながら、

すべてを主のみ名によってお祈り申し上げました。アーメン。

( 1956・10・7 )




よかったら、クリックお願いいたします😿

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。