泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

もし愛がなければ

たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、やかまし


い鐘や騒がしい鐃鉢と同じである。たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあら


ゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたし


は無に等しい。たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれる


ために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。

愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法を


しない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。


そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

愛はいつまでも絶えることがない… ( コリント人への第一の手紙 第13章 1〜8 )





大好きな聖句です。久しぶりに読んで二千年前に書かれた聖書の素晴らしさに改めて感動しました。

献身したての頃、「今後段々忙しくなって時間を取れなくなるだろうから今のうちに聖書をしっかり読んでおいたらいいですよ」と言ってくださった先輩がいました。福音書はよく読みましたが、旧約は初めから出エジプト記あたりまでで、その他はところどころを読んだ程度です。結局聖書全巻を全て読み通したことはありませんでした😢


読む物が沢山あって大変ですが、今後聖書を少しずつ読んでいきたいと思います。







よかったらクリックお願いいたします📖

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。