泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

終末と審判

🔵 真のお父様のみ言


人格が破綻し、み言を失ってしまったのは、どうしてでしょうか。神様の真の愛を失ってしまったからです。堕落は、心情を中心として神様と人間が一つになれなかったことであり、真の愛を中心として一つになれなかったことです。今日、統一教会が心情の世界を論議するようになった理由が、正にここにあるのであり、心情の世界を創建しようとする理由も、ここにあるのです。

ところで、いくら心情の世界を論議したとしても、自分自身がそのような心情をもてなければ、その世界とは何の関係もありません。ですから、終末にみ言審判、人格審判、心情審判の三大審判がある理由が、ここにあるというのです。


( 1969・7・13 「天運と聖霊の宿る八大教材・教本」第3章 天一国入籍 第1節 審判と祝福

(1)終末と審判より)



上記のみ言を読んで、残りの人生を心して歩まなければ、と考えさせられます。み言の学びと体恤、神様の心情の相続、愛の人格の完成、どれも程遠い自分です。今まで数10年、何をしてきたのかと恥ずかしく思います。全体目的と個体目的、言葉ではわかったつもりでも、いつの間にか訳のわからない歩みになってしまってたようです。今からでも再度決意して初心に戻って取り組んでいきたいと思います。







よかったらクリックお願いいたします🍠

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。