泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

黙って愛しなさい

黙って愛しなさい


私が愛したように何も語らずに、しばしば外にさえ表さずに黙って愛しなさい


黙って愛しなさい、愛が深く本物になるために


誰にも気づかれないように奉仕し、目につかないように、良い行為をしなさい


そして黙って愛することを学びなさい、黙って愛しなさい


叱られても言い訳をせず、心を傷つける言葉にも言い返さず、


黙って愛することを学びなさい


あなたの心は愛が君臨する王国であるように、


その王国を人へのやさしい思いやりで満たし、


黙って愛することを学びなさい


人から求められず、かえって退けられるときに、黙って愛しなさい


手をかしたくとも受け入れてくれない、その人たちの為に祈りなさい


誤解される時に黙って愛しなさい


愛が無視されることを忍びながら……


悲しい時黙って愛することを学びなさい


喜びを周囲にまき散らし、人のしあわせを増すよう心がけなさい


人のことばや態度でいらだったなら


黙って愛しなさい


R. M




このみ言を知ったのは1990年頃です。当時兄弟姉妹の間で伝わっていましたが、お父様がいつどこで語られたのかはわかりません。ただ心にしみる素晴らしいみ言なので、書いた紙をずっと大事に持っていました。ある時伝道対象者に便箋に書いて差し上げたら、60代の方でしたが「ものすごく感動しました」と言われました。本当に全ての人の本心に沁み渡るみ言ではないかと思います。


久々に読み返し、お父様の愛の世界に思いを馳せました。そして25年経ってもなかなかこのようにできない堕落性だらけの自分を反省した次第です。






よかったらクリックお願いいたします🌳

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。