泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

『天聖経』

🔵真のお父様のみ言 〔 天運と聖霊の宿る八大教材・教本 26, 27p 〕



『天聖経』は、天と地が訓読する訓読教本です。その内容を中心として、全てが皆さんの先祖からの遺言です。歴代の聖人、聖者たちは、神様の遺言書を受けられなかったのですが、これは総体的な、総結集した遺言書です。ここに引っ掛からないよう、誠心誠意を尽くしていかなければなりません。( 2005・3・8 )



『天聖経』は、歴史を知り、宇宙を知り、宗教を知るために読まなければならない本です。天地の秘密倉庫が、ここにあるのです。( 2009・4・27 )



先生は、なぜ『天聖経』を作ったのでしょうか。これは誰に必要なのですか。全ての国に必要なのであり、世界が必要としているのです。天の聖なる道です。これは、真の人、真の家庭、真の氏族、真の民族、真の国、真の世界になり得る、あらゆる内容が含まれている教材です。( 2009・5・22 )



天国でも『天聖経』を訓読しています。皆さん、『天聖経』を持っていますか。自分が持っている全ての万物と交換したとしても、『天聖経』を持つ方が価値が大きいのです。『天聖経』を通して、共産党や左翼問題を解決することができ、民主世界を収拾することが可能です。天一国の内容や、天一国の構造的な内容が『天聖経』にあります。( 2004・9・2 )






これらのみ言から、天聖経の価値が途方もない程に大きいということがわかります。お父様がどれだけ精誠を尽くして天聖経を作られたかを思う時、まだお父様の入院中に新しい経典の編纂に取り掛かっていたという事実に愕然とします。


家庭連合の食口はこの件に関して相対的に捉えてる方がほとんどでしょう。「赤い天聖経の方が使いやすい」と言われる公職者、「赤でも黒でもどっちも読めばいいじゃない」と言われる方、「八大教材・教本を廃棄した訳じゃない」と言う本部の見解……


一方サンクチュアリではその違いを内外共に敏感に感じられた方が多いようです。霊的に気持ち悪いから、と新しい教典を返却した方もおられると聞いています。赤い天聖経にはお母様の紋章のみ入っていることからどのような意図で作られた物であるかがわかりますからその感性、霊性は鋭いなと思います。

今は全てにおいて混乱の時でありますが、私達はお父様が限りない精誠を尽くし何度も自ら通読され、天の認定を受けた天聖経、霊界でも訓読されている天聖経を愛して証していきたいものだと強く思う次第です。



では、また。





よかったらクリックお願いいたします🍃

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。