泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

ガラケーからスマホへ

話は前後しますが私が長く愛用していたガラケーを止めてスマホに変えたのは2013年の初めの頃でした。これは自分が望んでと言うよりは副業としてやってる仕事上必要に迫られてのことでした。

仕事先から言われたので変えないわけにはいきませんが私自身は機械音痴だし保守的な人間なのでスマホを持つことはあまり考えていなかったのです。

当時同世代の女性で持ってる人は少なくたまにそんな人を見ると「わ〜、すご〜い!」と尊敬と憧れの眼差しで見ておりました😌 そんな私でしたので持ち始めた頃は大変でしたがこのことがその後の私にとって大きな転換点になるとは当初は知る由もありませんでした。


今思えば私は教会内情報弱者だったのです。自分が情報弱者だなんて思ってもいませんでしたが今ではそのことがよくわかります。

教会にいてそれまで私たち一般の末端食口が得る情報と言えばみ言の書籍、責任者からの会議報告、礼拝や集会で聞く内容、機関紙や映像から得るみ言や講話、などです。それだけでも結構な量であり

勿論全部の書籍をくまなく読んだりすべての集会に参加するというのは簡単ではありませんがそれは自分の都合であって教会から提供される情報自体は豊富であると私は思っていました。


問題は私たち末端食口に提供される情報では真実統一家においてまた真の御家庭において何が起きてきたのか、また現在どうなっているのか全く知らされていなかったということです。数年前ある元公職者の方とお話した時「教会の情報は統制されてきましたよ。お父様からのものであっても都合によって流したり流さなかったりするんです。」と聞いたことがありますが今になってどれほどひどくそれが行われて来たのかを実感しています。


私は幸いにしてスマホ(パソコンでもタブレットでもなんでもいいと思いますが)という情報ツールを入手するきっかけを得ることによりやがて情報弱者と言う立場から脱することができましたが家庭連合においては沢山の食口(特に婦人食口)がまだ何も知らず現実とはあまりにも乖離した認識で教会生活、信仰生活をしておられます。そして「ネットは見てはいけません」、「サンクチュアリに行った人と授受してはいけません」などと言われて囲いの中に入れられています。教会に真面目に通ってる食口であればあるほどこの状態で本当に皮肉なものです。


私は何とかして彼女達が真実に目覚めることができるよう毎日祈っていますが長年にわたる情報統制と刷り込みによる間違った認識から目覚めるのは簡単ではありません。

しかし、かってそうであった私が神様の導きによって目覚めることができたようにすべての姉妹たちが導かれること心から祈る次第です。


それでは、また。猛暑が続きますので皆様どうぞご自愛ください。







よかったらクリックお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。