泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

信仰人生の出発の原点

この度の姜賢実先生のことでは、多くの方が感動の涙を禁じることができなかったことと思います。私もそうでした。家庭連合の幹部、公職者の方々の状況に関する情報に接したり、実際に家庭連合の食口に働きかけたりしながら、あまりにも心痛い思いをすることが続いていたのですが、姜先生の行動やメッセージ、証には清冽な泉で心を洗われるような深い感動の恩恵をいただきました。そして若き日にお父様にボンネッコルで出会われてから65年間、変わらぬ信仰を持ち続けて来られたお姿に希望、勇気を与えられると共に自らも心を正される思いがいたしました。


誰しも信仰人生における出発の原点、というものがあるかと思います。人生の最後までその原点を失わず、最初と最後が違ってしまった、ということがないように生きていきたいと常々思っていますが

私は今50代後半です。この先何年生きるかはわかりませんし、長く生きられたとして80、90歳という年齢になった時の自分がどのような状態になっているかはわかりません。しかしこの先いかなることがあったとしても、姜先生のように変わらぬ信仰と心情を神様とお父様に捧げていけることを目標として心して歩んで生きたいと思うのです。


私は献身して3日後の朝にお父様の夢を見ました。夏の沖縄で前線を歩んでいた頃のことです。その夢の中で私は天国の境地と地獄に落ちていく時の恐怖を体験しました。あまりにも生々しい夢でした。

献身3日目にして心情を落とし、そのことが情けなく申し訳ない思いで祈りを捧げて床につき、朝方に見た夢です。小さく弱々しい者のことも知ってくださり、心配してくださるお父様であることを知って涙しました。そしてお父様と共にあれば天国、離れれば地獄であることを教えられた夢でした。

また、たとえ地獄に落ちゆく時でも、渾身の力でお父様を求めれば、引き上げてくださることを知りました。



私はその当時、沖縄の地で見たその夢を『私のベテル』として生きていこうと思いました。その時から28年経ちました。これから先何があるかわかりませんが、私のベテルを、信仰人生の出発の原点を見失わずに歩んで生きたいと、そういう決意で2016年を終え、2017年を迎えていきたいと思います。





よかったら、クリックお願いいたします🎍

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。