泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

善悪は生活の中で決定する

🔵 真のお父様のみ言


善悪は生活の中で決定する


善悪というものは、思いの中で決定されるものではありません。善悪というものは生活圏内で決定されます。天国と地獄は、皆さんの観念の世界で決定されるのではなく、生活舞台で決定されるのです。これは重要なことです。

電車に乗って人々を見回してみると、気分の悪い人、気分の良い人がすぐに分かります。気分の悪い人は、自分よりも霊力が低いのです。しかし、気分の良い人は、自分の相対基準以上の人たちです。もし、霊的な体験のある人がいれば、すぐに分かります。

動物も自分の生死が分かるのに、万物の霊長である人間が、自分の人生を知らずに生きるのですか。すべて私利私欲にとらわれ、神様に背を向けて生きているので分からないのですが、神様と共に生きれば、分かるようになるのです。語るときにも、天と共に語るのです。このように暮らせば、あるときは、何の題目ももたずに出てきて、そのまま説教するのです。そして、自分が共鳴体になって語れば、口が動きます。そのようになれば、それは神様の説教です。自然と題目が浮かぶのです。皆さんがどこかに行って語り、質問を受ければ、心の門をさっと開くのです。すると答えが分かります。早いのです。その人が自分を困らせようとしているのかどうか、それを知ることができます。

それゆえに、善なるものなのか悪なるものなのかを分別できなくては、天の道を行くことができません。先生が「間違いない」と言うことは間違いありません。このような何かがあってこそ、将来、人が知らない大きなこともできるのです。

それを、どこから育てていくのでしょうか。生活で育てていかなければなりません。体恤信仰が重要なので、体恤信仰を育てていかなければなりません。そのようにしようとすれば、自分と関係した人を絶対にそのまま送り返してはいけないのです。その人に接する前よりも、プラスになるようにしなければなりません。その人が私を攻撃したとしても、プラスとなったという条件を残すのです。そのようにすれば、私は、商売をして、損をせずにいつも利益を残せるのです。このようになれば、その人が私を利用しようとしてその目的が果たせなくなるときには、その人に奪われたすべてのものをそっくり取り返すことができるのです。

主体と対象が一つになれば、その結果は主体と対象のものになるでしょう?神様が主体となり、私が対象となれば、悪なる人に絶対に支配されないのです。どんなに悪い人がいるとしても、その人の背後には、その人を後援する先祖たちの善なる功績が残っています。ですから、善は善で、悪は悪で取り戻してくることができるのです。このようなことが、私たちの生活の背後を中心として起こっていることを、皆さんは知らなければなりません。


( 「後天時代の生活信仰」 第4章 体恤信仰と侍る生活 第1節 体恤信仰の重要性 より )








よかったら、クリックお願いいたします🏕

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。