泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

聖婚問答

神様の呼称、天一国国歌、家庭盟誓などの変化に初めは戸惑い違和感や疑問を感じた自分でありましたが時が経つにつれそのような思いも少しずつ薄れ習慣的に受け入れていくようになっていきました。


そんなある日のこと教会で祝福式の様子を映像で見る機会がありました。お母様が主礼をされていました。何気なく見ていた自分でしたが聖婚問答が変わっていることに気づいた時少なからずショックを覚えました。4つではなく1つにまとめられかなり短くなっていたのです。心に静かな衝撃が走りました。“聖婚問答が変わっている‥‥” しばらく言葉を失いました。映像が終わり周りのみんなはいすを動かしたりお茶の用意をしたりしています。私も手伝うために動き別に「聖婚問答が変わってる!何で?どうして ?」と騒いだりはしなかったのですがこの時のことは私の心のなかでかなり大きな疑問として残りました。


今思えばいろんな疑問はそのつど口に出して言えばいいのに何故そうしなかったのでしょうか。それは思ったことをすぐ口にするタイプではない自分の性格もありますが自由闊達に意見や疑問点などを述べ合うことをしない日本人気質、そして何でも「何か意味がある」として受け入れようとする習慣、また教会内であまりそのようなことを口にする人がいない、ということがあったかもしれません。後日だいぶあとになって私はこのことをある先輩家庭の方に話したことがあります。長年公職に就き責任者をして来られた方でしたがあまり意に介しておられないようでした。お母様がなさることなので私たちがあれこれ言わなくていいんですよ、という感じです。


いろんなことを亨進様によって明らかにしてしていただいた今思うことは教会の中でサタンは長年にわたり準備をしてきたんだな、ということです。亨進様は家庭連合の食口が「魔法にかかってる」といわれますがその魔法は一朝一夕にかけたものではないということです。それは教会の中でお父様の教え、指導を利用しながらその真髄とは似て異なるものを作り上げてきた、本然の教会の文化とは違うものができてしまっていた、ということではないかと思います。そして私自身もその中で過ごしてきた故にたとえ長年慣れ親しんできた兄弟姉妹ともに歩んできても本当の心の復活を得ることができずにいたんだろうなと感じます。


数々の変更はまだまだ続きます。次回はみ言葉について書いていきたいと思います。

それでは、また。






よかったらクリックお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。