泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

信徒の交わり

日曜日は普段自宅で家庭礼拝を捧げていますが、今日は礼拝後に祝福式もあるということで、サンクチュアリの教会に行って来ました。往復3時間の運転は多少疲れますが、教会長の聖書を用いた説教は素晴らしく、心温まる信徒の交わりもできて、本当に行ってよかったと思いました。


礼拝の説教は短めで、今日のメインは2人の方の祝福式でしたが、そのうちの1人の婦人は昔同じ部署にいたことがある方で驚きました。長く他県におられたようで23年ぶりの嬉しい出会いでした。


式の後には、あるご主人がお祝いにギターやハーモニカの素晴らしい演奏をしてくださり、その後皆でケーキやお寿司、パンや果物などを囲んで和気あいあいと楽しく交流しました。祝福を受けられた方々は皆それぞれいろんな路程を通過してこられていますが、お一人お一人に神様が働かれ、導いてこられたんだなあとしみじみ思った次第です。


‘ 信徒の交わり ’ という言葉が今日は頭に浮かびました。ささやかな集いですがいろんな方の心がこもってて変な気兼ねなどもなく、心温まる時間でした。神様との縦的な関係も勿論大切ですが、それを土台にしたこのような交わりは私たちの心霊の復興に不可欠なものだと感じます。


今日は昔の信仰の初期における兄弟姉妹との関係を思い出しました。貧しい環境の中でも喜びや感動のある生活でした。歳月が流れかって青年であった私達ももはや若くはありませんが、サンクチュアリではそのような本然の兄弟姉妹関係を結べるんだなあ、と希望を感じた一日でした。


残念なことに家庭連合では、そのような関係も結びにくい状況になっていたことを思います。それは組織のありように問題があったのであって、一人一人はそのような本然の関係を求めていたと感じますが……



天のお父様、真のお父様、亨進二代王様ご夫妻に心より感謝申し上げます。






よかったらクリックお願いいたします🌾

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。