泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

『天国を開く門 真の家庭』

🔵 真のお父様のみ言 〔 天運と聖霊の宿る八大教材・教本 31〜33p 〕


●『天国を開く門 真の家庭』は、私がラスベガスで、理想家庭を立てることについて深刻に考えていたとき、天が特別に指定してくださった内容です。これは普通の内容ではありません。( 2009・11・6 )


●結実の時代を迎えて、分かれていたものが一つになって実っていく時代なので、一つの中心点に結着しなければ、定着することができません。あらゆる存在の動機は、自分を中心としたものではありません。『天国を開く門 真の家庭』の小さな本を中心として、1時間30分だけ訓読すれば、自分のあらゆる基準と動機を点検し、確認することができるのです。( 2009・4・14 )


●『天国を開く門 真の家庭』の内容は、体験と事実を記録した生涯の記録であり、標準的な世界を歩んでいく表象的な法度の生活なので、これに一致しない人は不合格者です。霊界人になってみてください。霊界の無限な世界で、永遠の生命において未完成な人間としてさまようことが、どれほど悲惨で悲痛であるかを知らなければなりません。ですから、自分勝手に生きてはいけません。肉身生活は、皆さんが霊界の理想的世界を学んでいける教育の場所、学校です。( 2009・4・29 )



●目を閉じても、どこに、どんな内容が出てくるのか、全て分かるように覚え、それに従うようにしなければなりません。従えなければ、霊界に行っても、この内容を全て実践しなければならないのです。先生が「この本(『天国を開く門 真の家庭』の何ページに何があるか」と尋ねれば、何と答えるのですか。「先生、分かりません」、そのようになれば、真の父母様に侍って暮らせる、その資格がなくなっていきます。( 2009・11・10 )




この本の編集者 まえがきには次のように書かれています。


本書には『天聖経』地上生活と霊界編ー第1章の一部と真の家庭編ー第3章・4章・5章の内容が収録されています。

本書におけるみ言は、過去数10年間、先生が説破してこられた数多くの教えの中から「創造本然の愛」、即ち「真の愛を中心とする真なる男女間の愛」、「真の家庭の基準」、「真なる人生の価値」等に関する内容をまとめたものです…



この本が出されたのは2009年の初めでした。当時伝道に使ったらよい、とのことで何冊も買って知人に配ったりしていました。私の霊の孫にあたる青年はこの本がきっかけで導かれました。本当に素晴らしい本だと思います。そしてわかりやすく、読みやすいです。県外に出た娘に訓読本をいろいろ持たせましたがこの本をよく読んでいるようです。


上記のみ言を読んで改めてこの本の価値、そこに込められたお父様の愛を感じ、また訓読に取り組む自分の姿勢を正されました。私たちのことを霊界生活に至るまで心配してくださるお父様が、深いご心情を込めて作ってくださった本であることを心に刻んで、もっとこの本を愛していこう、と思わされた次第です。



では、また。





よかったらクリックお願いいたします🚡

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。