泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

天運と聖霊の宿る八大教材・教本

今日は『天運と聖霊の宿る八大教材・教本』(2012年1月23日発行)について書きたいと思います。とても素晴らしい本だと思いますのでまだお持ちでない方、読んだことのない方には、ぜひ入手され読まれることをお薦めいたします。光言社で700円で購入できると思います。


冒頭の「序にかえて」には当時世界会長であられた亨進様の『「天福函」相続の意味』というメッセージが掲載されておりその内容もとても重要なものだと感じます。


八大教材・教本については勿論、それ以外の大切な内容(すべてお父様のみ言です)も網羅されていますので、ご紹介する意味で目次を書いてみますと…


第1章 八大教材・教本


第1節 八大教材・教本の意義

(1)八大教材・教本は真の父母様の遺言

(2)八大教材・教本は神様と出会う道


第2節 八大教材・教本

(1)『文鮮明先生御言選集』

(2)『原理講論』

(3)『天聖経』

(4)『家庭盟誓』

(5)『平和神経』

(6)『天国を開く門 真の家庭』

(7)『平和の主人、血統の主人』

(8)『世界経典』


第3節 八大教材・教本の相続

(1) 真の相続者を願う天の心情

(2) 父母の遺言は希望の出発

(3) 八大教材・教本の相続

(4) 八大教材・教本と父母の責任



第2章 訓読生活


第1節 み言の相続

(1) 神様のみ言と祝福

(2) み言を誇るべき真の子女

(3) み言に対する絶対信仰と絶対実体

第2節 訓読会の伝統

(1) 訓読会の伝統

(2) 訓読会の目的

(3) 訓読会による心情の相続

(4) 訓読会の生活化

(5) 家庭訓読会の重要性



第3章 天一国入籍


第1節 審判と祝福

(1) 終末と審判

(2) 審判の意味

(3) 審判の基準

(4) 審判と祝福


第2節 「天福」を受ける家庭とは

(1) 心情の一致

(2) 祭物精神

(3) 一つになること


第3節 天一国入籍

(1)「霊連世協会」と天一国

(2) 入籍とは神の国の相続

(3) 入籍と女性の使命

(4) 氏族的メシヤと430家庭の祝福




この本を読むとお父様がいかに八大教材教本に心情と精誠を込められたかということ、またどの本も決して手をつけてはいけなかった、ということが改めてよくわかります。

次回はそのことについて書ければと思います。






よかったらクリックお願いいたします🍏

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。