泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

近況報告

7月14日からブログを書き始めましたが、いつの間にか回を重ね今日で35回目となりました。

自分と家族がいかにしてサンクチュアリに来るようになったか、ということをテーマに導かれるままに綴ってきましたが、個人の回顧録のようなものを読んでくださった沢山の方々、コメントをくださったり励ましてくださった方々に心より感謝申し上げます。


その後の近況を報告させていただきますと、私が住んでいる県ではサンクチュアリに来る人が少しづつ増えて表に出ることができない方も含めて現在40家庭くらいになっているようです。公民館に集まっていたのですが、2ヶ月程前に場所を借りて教会もできました。突破口を開いてくださった先輩家庭、教会長として立ってくださったご夫妻は素晴らしい信仰者、人格者で献身的に尽くしてくださりまさしく天が準備してくださった方々なのだなあと感謝しています。


教会で日曜礼拝が行われますが、うちは地方に住んでいるのでほとんど自宅で家庭礼拝をしています。お父様のみ言の訓読、亨進様の説教の視聴などをしていますが、天一国国歌、家庭盟誓、訓読教材などお父様が定められたオリジナルのものでできることが本当に有難く嬉しく感じられます。


サンクチュアリの方との交流は、本音で話し共感できることがとても嬉しく、授受作用によって啓発されたり、インスピレーションを与えられることが多いです。今はささやかな群れであっても神様、お父様、亨進二代王様ご夫妻、三代王権に繋がっていることにより、信徒の関わりにも聖霊の役事が起きてどんどん発展していけるという希望を感じます。


家庭連合や三男顕進様を支持する食口との交流も続いています。現在考え方が違っていても兄弟姉妹であることに変わりはありません。敬遠される場合は仕方ありませんが、壁を作らずに接していけたらと思っています。一番壁や囲いを作っているのは家庭連合の公職者という悲しい現実がありますが、それが早くなくなることを願っています。


地域の方との交流も引き続き心がけています。お父様のみ言を伝えていけるよう今後も意識していきたいと思います。


日常的には以前よりも副業に意識や時間を持てるようになりました。主人は本業で頑張ってくれてますが、長年に渡り無理を重ねてきた経済の立て直しは簡単ではありません😢 皆さん状況は似ていると思いますが何とか頑張っていきたいものですね。そしてペンシルバニアでお会いできたらと思います🇺🇸


今まで過去数年間の時間の流れに沿って記事を書いてきましたが、今後は思いつくままに綴っていこうと考えています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



まだまだ残暑がきびしいですね。皆様どうぞご自愛ください。






よかったらクリックお願いいたします🍇

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。