泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

退会

氏族に話をしに行って、帰ってきてから数日後のことです。主人が「退会届を出そう」と言いました。

私が「いいの?」と聞くと主人の答えは「信じられない所にいることは意味がない。教会を信仰してきた訳ではないから。」「神様とメシアであるお父様と原理を信じてこの道に来たんだ。」でした。

そして「氏族は時間がかかるだろう。伝えることはしたんだから退会しよう」と言うのでした。


私も主人と全く同じ気持ちでしたので数日後退会届けを出すことにしました。それにしても普段教会のことは私に任せているような主人の潔さ、決断力は少し以外でした。主人の方が私より信仰歴は長く地元ですので、食口の人間関係もそれなりに多いのですが「俺は全く未練はない。神様とお父様がおられる所に行く」と言うのです。


霊の子女に退会のことを伝えたところ「わかりました。私もご一緒させてください。」とのことでした。そこで一緒に退会届を書きました。

退会届は直接松濤本部の徳野会長に送りましたが、所属している基台の基台長にお会いして退会のことをお伝えしました。1時間程お話ししましたが反対したり引き止められるようなことはありませんでした。そしてその日のうちにうちが退会したことは教区内で知れ渡っていたようです。


夜になって次々に電話が鳴りました。懇意にしてた食口や以前所属してた教会の責任者などからの電話です。皆口々に言われることは「どうしてですか?」という問いでした。心配して聞いてくださる方たちには誠実に答えたいと思い退会の理由を簡潔に話しました。


皆さん不思議なことにその内容について真っ向から反対されたり、批判がましいことを言う方はいませんでした。ほとんどの方は「わかります。でも私は‥‥父母様が一体であられることを信じています。」とかある本部に近い方は「私も亨進様に共感する内容はあります。お母様は幹部に言われて惑わされてるところがあるでしょう。」と言われながらも「日本の本部も何とか改革をしようと努力はしてるから‥‥」と言葉を濁しておられました。

現職の教会長が「私も独生女理論をまだよくわかって納得してるわけじゃないけど‥‥」と言われたのには驚きました。「でもお父様は最後にお母様の手を握って祈祷されたじゃないですか!子女様じゃないでしょ。私はお母様信じます。」とそれはまるでご自分に言い聞かせてるように私には感じられました。


その方は最後に「わかりました。でも帰って来られるのを待ってますよ。」と優しく言われて電話は終わりましたが、そのすぐ後に婦人達に「○○○○家庭が退会してサンクチュアリに行きました。皆さん気をつけましょう。信仰を失わないように。」と一斉メールを流したそうです。それを聞いた時私は思わず笑ってしまいました。そして婦人達が本当に可哀想になりました。


私は次のような内容で婦人達にメールを送りました。

「既にご存知と思いますが、私達の家庭はこの度家庭連合を退会致しました。今後は真のお父様の相続者・代身者であられる文亨進様の世界平和統一聖殿(サンクチュアリ教会)に繋がって歩んでまいります。立場は違いますが、今後共神様の下の兄弟姉妹として変わらずにいられたらと思っています‥‥」

何人かの方はすぐに、またほとんど全員が数日後には返事をくださいましたが、その文面からは驚きと戸惑いが感じられました。教会でサンクチュアリ対策の教育を受けてきているので “何でそんな所に‥‥” という思いになるのは仕方がないことだと思います。


しかしそれでも皆さん「兄弟姉妹として今後共よろしくお願いします」と書いておられました。そのことは嬉しいことですが、現実は大変なものがありました。その後私に会ったことがわかると教会長に「どうして私に報告せずに会いに行ったんですか!」と叱られるようになったというのです。それで敬遠するようになった方も多く、それでもたまに授受する方もおられますが、私の願いはそれぞれが組織信仰から抜け出し、自立した信仰で真実を求め、見極めてほしい、ということです。


そしてそのためのお手伝いができるなら何でもしていきたい、と日々心から願って過ごしています。



今日は、この辺で。




よかったらクリックお願いいたします🚢

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。