泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

縦の糸と横の糸

一人の食口がまた真のお父様の権限圏に戻って来られました。この方は2月に書いたブログ記事「真実を知りたい」で触れた方で、当時「家庭連合には行かない、他のところにも行かない。でも真実は知りたい」と言っておられたのですが、天の導きによって帰って来られました。



具体的には、数人の方の投入によって少しずつ少しずつ導かれて来られました。家庭の中でも孤立した立場、環境におかれ、ネットはされず情報を得られることもなかった訳ですが、この方には心情因縁のある方がサンクチュアリに複数準備されていました。昔からの信仰の友、アベル的立場におられた方、学生時代の同級生などです。そういう方々がいろんな角度から彼女の永遠の生命と幸福を願って投入していかれました。私も及ばずながら祈祷リストに挙げて約2年間祈らせていただきました。



この方には沢山の横の糸があったと、心情の蜘蛛の巣があったと言えます。自分で調べて神様とお父様が何処におられるのか必死で求めて、自ら行動された訳ではありません。サンクチュアリに来られる方にはいろんな導かれ方があるかと思いますが、この方はいわゆる横的心情因縁によって導かれたと言えるかと思います。



過去を振り返ってみますと、私たちは縦的信仰、神様と真の御父母様に対する信仰とアベルに対する中心性を尊び、兄弟姉妹間の信徒の交わりを軽視する傾向があったように思います。よく「あの人は横的だから…」とか「ヨコヨコの情報」とかあまり良くない意味で使われていたと思います。私自身もかなりそのような価値観に染まっていたことを感じます。



しかし今回この方のことで、私は兄弟姉妹の愛が、信徒の交わりが本当に貴いものだと実感しました。彼女の孤独な魂を救ったのは責任者・牧会者・中心者などと呼ばれる方々ではなく、彼女のことを心から心配し愛する, 横的関係にある友人達だったのです。



複数の横の糸に引き上げられながら、少しずつ変わっていかれ、それでも多くの迷い、ためらい、逡巡を経て、そして最後には自ら決断されました。その結果はとても感動的なものでした。


今私はその横の糸を彼女のために準備してこられた神様のご苦労、配剤、その深い愛に涙する思いです。横の糸を自在に用いて駆使しておられたのは、紛れもなく神様の縦の糸でありました。



お父様の権限圏に戻られたその方の表情は明るく、生き生きとしたものでした。新しく出発されましたので、これからは過去のいろんな傷が癒されていかれるかと思います。





天のお父様と三代王権に心より感謝申し上げると共に、すべての兄弟姉妹が早く戻って来られることを心よりお祈りいたします。






よかったら、クリックお願いいたします🍀

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。