泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

地球の裏側に住む車椅子の伝道師

陽暦の2018年を迎えてはや13日目となりました。1ヶ月ぶりにブログを更新します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


年末年始忙しく過ごしながらいろんなことがあった2017年を振り返っていましたが、年頭のある日

地球の裏側にいるクリスチャンの友(南米人、30代男性)からメールが届きました。


「あなたの今年の目標は何ですか?」


私は簡潔に「家庭教会!」と答えました。あまり細かい説明はしていないので理解してもらえたかどうかはわかりませんが…


彼とは不思議な縁で2年程前からfacebook で交流をするようになりました。元はと言えば今から21年前に訪れた宣教地で大学伝道で出会った彼のお兄さんとの出会いがきっかけです。家族皆が親日で家に招かれ、食事をご馳走になったりして交流しました。両親は熱心な福音派のクリスチャンでした。弟さんは当時中学生で車椅子で生活していました。お兄さんは彼を紹介する時「弟は生まれつき障害があるんだ」と言っていました。挨拶をしただけでしたがとても賢そうな目をしているのが印象的でした。


私はその後別の任地に開拓伝道に行き、交流はなかなかできなくなり、お兄さんは祝福を目指してマッチングを受けたもののいろんな事情で実らなかったのですが、私が一年後帰国するようになった時には家族皆で空港に見送りに来てくれました。


その後はクリスマスカードを送ったり現地のメンバーにケアを頼んだりしていましたが、教会に繋ぎきることは出来ずに年月が過ぎていました。その後数年前突然お兄さんから手紙が来たものの私がスペイン語が下手過ぎて深い交流が出来ず、お兄さんは英語が出来ず困っていましたが、「弟は英語が出来るから」ということで弟さんとのfacebook での交流が始まったわけです。


お互い英語が堪能というわけではないので十分ではありませんが、かなり深い交流が出来ています。

お兄さんにはあまり深い宗教性は感じませんでしたが、弟さんは本当に敬虔なクリスチャンでありしかも民間の伝道師のようなことをされています。霊性が高く神体験もされてて講演活動やSNSで神様イエス様を証しています。昨年は「初めてテレビに出演しました!」と動画を送ってくれました。「黄金の瞬間」という対談の番組に招かれて若者に対して内面生活の重要性を啓蒙する内容を語っておられました。


私は彼に昨年3回に分けて小包を送りました。顆粒の人参茶と書籍です。書籍は1回目はスペイン語の原理講論、2回目はスペイン語の自叙伝、そして最近送ったのは英語の天一国憲法です。


原理講論に対する反応はとても良かったです。2週間程で完読したようで「聖句の深い意味、霊界のことなどがよくわかってよかった、この本は世界中の人が読んだらいいですね」という感想でした。


自叙伝に対しては微妙な反応でした。言葉少なに「いろいろ疑問があります…」と。ムーニーという言葉も使ってたのでマイナスのイメージもあったのではと思います。ただ世界情勢にはとても敏感で

韓国と日本の使命などについては関心があるようです。


今の統一家の混乱についてもいつか伝えないと…と思っていましたが天一国憲法の小冊子を送った後にその機会が訪れました。何と彼はネットで見つけたと思われる連合のイベントの動画を私に送ってきたのです。そして改竄された天一国国歌「聖励の新歌」の歌詞の意味を教えてと言うのです。

私はこれはいい機会だと思いお父様御聖和後の統一家の混乱を簡潔に説明し、レバレント・ムーンによる本物の国歌はこちらですよ、とYouTube に出てた「栄光の賜物」を送りました。


クリスチャンがお父様を再臨主として受け入れることは簡単ではないと思いますが、私は希望はあると感じています。神様が準備された方には必ず役事があると思うからです。

彼とは不定期にメールのやり取りをしてますが、とにかく聖句をよく送ってくれます。早朝、その日の自分にぴったりの聖句が送られて来たりします。また主人と私が王権即位式に参加した後のことですが突然こんなメールが来ました。


「娘さんは元気ですか?」

「 天の父が彼女のために王冠を準備してますよ。」

「娘さんはプリンセスですから」


何の脈絡もなくこのようなメールが来たりしますのでびっくりしますが、時空を越えて霊界が働いているんだなあ、と感じます。また黙示録のこと、世界情勢、共産主義やイルミナテイのこと、カトリック上層部の腐敗などに関しても話が通じます。聖書の知識、神様、イエス様に対する絶対的信仰はすごいものがあります。そして中国国内のクリスチャンの力になりたい、とか公的な為に生きる精神を持っておられます。恐るべし、福音派プロテスタント、です。




今年は彼と授受をさらに深めてお父様を証して、三代王権に繋がっていただけるよう精誠を尽くしていきたいと思います。






よかったら、クリックお願いいたします🎍

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。