泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

“ 禁断の” ネット情報

スマホを持つようになって少しづつ操作にも慣れていった私ですが統一教会の公式ホームページや

清平のホームページを開いて見ることはあってもそれ以外の統一教会関連の内容を検索して見ることは一切ありませんでした。具体的なことは何も知らなかったのですが漠然とネットでは誹謗中傷しか書かれていないんだろうと思っていました。イメージとしては週刊誌に書かれたりテレビのワイドショーで取り沙汰されるような内容です。そういう類のものを見ても気分が悪いし時間の無駄だと考えていました。


教会でも “ネットは悪 ” という共通の認識のようなものがありました。受講生がネットを見て躓いて来なくなることがありましたし私の伝道していた女性もネットで教会のことを調べた家族に猛反対され結局来れなくなってしまいました。そういうわけで実際見たことがないにも関わらずネット悪玉論に強く影響されていました。しかしこれは主に婦人食口に言えることでインターネットを使い慣れてる壮年や青年は別ではないかと思います。


そういう私がブログ村を訪問するようになるにはあるきっかけがありました。それは同じ教会のある男性食口が教会に来られなくなったことに端を発しています。そして教会長や婦人部長の話によるとその理由は神山会長の講演会に行って影響を受けたからだと言うのです。その方は公職経験のある立派な信仰者で長年知っているので人柄もわかっています。そういう身近な食口が教会に来なくなるというのはとてもショックなことでした。 “ 一体どうして? 神山会長講演会って? あの神山会長が何を話されたの?” と疑問だらけでした。


そしてさらに疑問を持つようになったのはその後集会などで神山会長のことが他のいわゆる分派、霊的集団と同じように問題人物として言われだしたことでした。だいぶ前に聞いたことのある “郭グループ” という言葉も出てきました。


私はこのことに身近な人が関わっていなければあるいはそのまま通り過ぎたかもしれませんが長年のお付き合いで家族もよく知ってる家庭であり決してそのままにできませんでした。離れた理由を知りたい、影響を受けた神山会長の講演会って一体どんな内容なんだろうか、そういう思いからそれまでしたことのない“ 禁断の” ネット情報にアクセスするようになったのです。


私はある晩おそるおそる “ 神山威” と入れて検索してみました。すると神山会長の講演文に行き着くことができました。その講演文はとても長くて前半は斜め読みしましたが後半の内容は私がそれまで疑問に思ってた内容とも関わっていていろいろと示唆を与えられました。そしてこの日をきっかけに私のネットに対する先入観や偏見は取り払われて自分が疑問に思ってることを解決するために自由に調べるようになったのです。


今日はここまでにします。それでは、また。






よかったらクリックお願いいたします🐠

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。