泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

暗いトンネル

それまで知らなかった教団上層部の腐敗を知ったことは私にとって決して小さな出来事ではありませんでした。驚きから怒り、そして深い悲しみを覚えました。一個人の不正であれば弱い人間なので間違うことがあるかもしれません。本人が悔い改めしかるべき処分を受ければよいのです。がそうではなくそのような体質が上層部に蔓延していること、本部も説明責任を果たさないこと、勇気を持って声をあげた食口が事態をわかっていない心酔派の食口達に誤解されかえってサタン扱いされていること、根本的な自浄作用がないことなどに憤り、落胆、失望、幻滅などの思いを持ちました。


神様を信じメシアを信じ原理を信じて人生をかけてきた教会がいつの間にこのようになってしまったのだろうか? 思えば2,000年代の後半くらいから教会の体質が変わってきたのを感じることが多くなってはいました。一人一人の食口は良い人が多いのにこの閉塞感はなんだろうか‥‥


教会がどんなにマスコミにたたかれても恥ずかしいと思ったことは一度もなくむしろ誇りを持っていた私ですが心底恥ずかしい組織だと悲しく思いました。


そのころの私は今までどおり生活し、活動していましたが心はずっと晴れませんでした。車を運転しながら祈祷したり歌ったりすることが多かったのですが当時なぜかよく歌っていたのが中島みゆきの

「友情」です。



悲しみばかり見えるから


この目をつぶすナイフがほしい


そしたら闇の中から


明日が見えるだろうか


限り知れない痛みの中で


友情だけが見えるだろうか





企みばかり響くから


この耳ふさぐ海へ帰るよ


言葉を忘れた魚たち


笑えよ 私の言葉を


終わり知れない寒さの中で


友情さえも失っている





この世見据えて笑うほど


冷たい悟りもまだ持てず


この世望んで走るほど


心の荷物は軽くない


救われない魂は


傷ついた自分のことじゃなく


救われない魂は


傷つけ返そうとしている自分だ‥‥‥



またある時は亡き父が好きだった鶴田浩二の歌が浮かんだりするのでした。

( 古い奴だとお思いでしょうが😢 )



何から何まで真っ暗闇よ


すじの通らぬ ことばかり


右を向いても左を見ても


莫迦と阿呆の絡み合い


どこに男の夢がある‥‥‥( 男を女や食口に替えてもいいですね☺️)




今日はちょっと脇道にそれてしまいましたが当時の私の偽らざる心境を綴ってみました。暗いトンネルの中にいるような時期でしたがまだまだ抜け道は遠くさらなる心の放浪が続くのでした。









よかったらクリックお願いいたします。

腐敗の構造

数年前のことですが教区に激震が走りました。

韓国人の責任者の公金問題が発覚したのです。

この問題は実に根が深く、表面的に見れば一人の責任者に公金問題があることがわかり離任した、ということなのですがここには書ききれないくらいの様々な内容がありました。


この方に関してはどういうわけか実に様々な角度から情報が入りました。信じられないような内容が沢山あり(パワハラ、セクハラ、心情蹂躙など)多くの食口が苦しんでいました。 不思議なことにこの方に対する評価は真っ二つに分かれており冷静、客観的、批判的に見ている食口と素晴らしい指導者として信奉、心酔している食口とでは180度違っててそのことがさらに教区を混乱させていました。


私はこの方が就任する前からいろいろ聞いていたので “一体実際にはどういう人なんだろう?”と意地悪おばさんのような目で見ておりました👀 そして一見信仰者のように見えるけれど二枚舌の二重人格者であり飴と鞭を巧みに使う人であり宗教家ではなく宗教屋なんだなあという結論に至りました。


問題はそのような人が何故繰り返し人を指導する立場に立てるのかということだと思いますが本部の対応を見たり後任者の発言、いろんな情報により信じ難いことですが教団内上層部に腐敗の構造があることを知りました。


今は冷静に書いていますが当時の私にとってこのことは大、大、大ショックだったのです。男性の食口は結構わかっていたようですが私にとっては神様を信じメシアを信じ、霊界を信じる人たちがどうしてそんなことができるのかと‥‥


主人は普段は穏やかな人ですが当の韓国人責任者に対してというより本部の対応に対して憤りを露わにしておりました。「何故曖昧に処理して食口にちゃんと説明しないんだ!説明責任があるだろう!」と。


私が所属してた教会の婦人たちは殆どことの真相を知りません。私は一人の区域長に話しましたが

こう言われました。「皆には言えない‥‥苦労して献金してるのに‥‥心が引き裂かれてしまう」と涙ぐんでいました。


私も教会長が心酔派の方だったのであえて言うことができませんでしたが今でも純粋で善良な婦人達のことを思うと胸が痛みます😢








よかったらクリックお願いいたします。

み言の “編纂”

真のお父様はご存命中に8大教材教本は遺言だと繰り返し繰り返し語っておられました。

ですから聖和された後に新天聖経や平和経の編纂のことを初めて聞いた時は 「どうしてまた作るの?」と素朴な疑問を持ちました。そのことに関する説明の映像を教会で見ましたがお母様や徳野会長が新しい経典を作る意義を語っておられました。私の所属教会では天福函を持っている人は少なかったのですが黒の天聖経を持っている人は多くこのことに関しては「え〜っ! 何で?」と口にしている人もいました。しかしその後の流れは教会長の 「皆さん、頑張って早く新しい天聖経を授かりましょう!」という言葉により方向性が決まっていくのでした。


私はお父様が遺言と言われ「手をつけるな」と言われたものが変えられることには抵抗がありましたが “み言に手をつけるんじゃなくて編集し直すだけならいいのかな” と思ったりしていました。そして

天福函も黒の天聖経もうちでは手が届かず欲しくても授かることができなかったのでその新しい天聖経を何とか頑張っていただきたいものだ、子供にも残してあげられるし‥‥などと思い主人とも話し合って一度には難しいので少しずつ献金をしていったのでした。


その年の夏か秋頃だったでしょうか全体の訓読条件は新しい天聖経で、と指示がきました。教会では目標に達した人から皆の前で伝授されていきました。持っていない人は条件ができません。そして「お母様が年内に完読するよう言われています」と聞き、皆なんとかして早く伝授されたい、という思いになり無理して献金をしていきました。


うちも何とかその後伝授してもらうことができ私は素直に嬉しかったのです。これでやっと教典を授かることができた、子供にもお父様のみ言を残してあげられる、と‥‥。当時はそれが一体どういう教典なのか全くわかっていませんでした。ただ徐々に “訓読しても内容が入ってこないなあ、どうしてかなあ‥‥” と感じるようになっていきました。完読しても感動や達成感がないのです。そしてその理由はだいぶあとになってわかるようになるのですがそこに行き着くまでにはまだいろんな過程があるのでした。


今赤い天聖経、平和経は本棚にしまっています。お父様の教典としてではなく考察の対象としてですが。


それでは、また。





よかったらクリックお願いいたします。