泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

覚醒と悔い改め

教団上層部の腐敗構造を知った時は大変ショックでありましたが、真のご家庭の大変な内容を知った時はそれとは比較にならない位の衝撃を受けました。特にお母様がお父様に対して服従されず、幹部と共にお父様をないがしろにされてたということは驚きでしたが、そのことを知ってみるとお父様ご聖和後の様々な急激な変更の意味も腑に落ちるようになりました。


そしてさらにいろいろ調べてみると、そのようなことは急に起きたことではなく、はっきりはわかりませんがかなり以前からお父様がお年を召されるにつれ進んでいたことも理解できるようになりました。


私はつくづく自分は何も知らなかったんだなあと思いました。情報源が教会から発信されるものしか

なかったのである意味仕方がなかったのですが、それにしても無知だったと情けないような気持ちになりました。ブログ村でよく “脳内お花畑” とか ”思考停止”、“ビニール脳”などの言葉を目にしていましたが自分もそうだったんだなあと思い、ある意味言い得て妙だなと感心したりもしました。


と言うのは今思えば2000年後半くらいから教会の体質が変わってきたことを肌で感じることは沢山あったのです。行き過ぎた実績至上主義、間違ったカイン・アベル観、責任者によっては食口を完全主管し発言の自由もなくまるで共産主義のようだと感じたこともありました。


真のご家庭に関しても三男顕進様がいろいろあった時、教会で言われることがあまり理解できなかったのですがそのまま信じるだけだったのです。背後でどのようなことが起きていたのか私達末端食口には知る術もなかったのですが、今思えば真のご家庭で起こっていることにもっと関心を持つべきだったと思います。



いろんなことがわかってくると “私は一体今まで何をしてきたんだろう‥?” という思いが湧いてきました。それまで活動してきたことなどが虚しく感じられました。宣教に行った時などはお父様と共にみ旨を歩ませていただいてる、という実感があったのですがその後時が経つにつれ、その時々の献金摂理の中で必死で歩んできたもののいつの間にか摂理もわからなくなっていたのではないかと‥‥


私はいつも祈祷の中に2つの項目を入れていました。それは “私達の教会が愛の心情組織になりますように” と “訓読家庭教会を為せますように” の2つでしたが結局どちらもなせないままにお父様を霊界にお送りするようになってしまいました。形だけは忙しく区域長として歩んだり、関連機関でのボランティアをしたり、地域の方を訪問したりはしてきたけれど、それは自己満足ではなかったかと思うようになりました。


本来メシアの願いに動じ静ずるように歩まなくてはならない祝福家庭なのに、お父様のご事情ご心情も真のご家庭の十字架も何もわからずに、ご家庭の為に真摯な祈祷も捧げることなくかけ離れたところで、自分なりのわけのわからない歩みをなしてきたのではないかと感ずるようになったのです。


そして2006年に見たお父様の夢を思い出しました。婦人40日修から帰って来て見た夢でした。お父様がとても近い距離、私のすぐ目の前にいらっしゃるのですが、とても苦しそうにハーハーと息をされてて喘ぎながらこう言われたのです。“誰も‥‥お父様のみ言を真剣に聞いていない‥‥”と。そして当時その夢のことを深く考えなかった自分であったことをとても悔い改めさせられました。


それからの私はいつの間にか遠ざかってしまっていたお父様との距離を縮めたい思いで “不肖の娘を許してください ”と悔い改めの祈祷を捧げながら改めてお父様のみ言の訓読に取り組むようになりました。




それでは、また。




よかったらクリックお願いいたします🍆

痛ましいお父様

お父様の聖和後私たちは「お父様は霊界に行かれ、今後はお母様と清平にだけ来られます」と教えられていました。私もそのように信じていました。だからお父様がご在世中に語られたことと違うことをお母様が話されたり、変えてはならないと言われたみ言が変えられたりしても “霊界のお父様と地上のお母様が話されて決められたのだろう ”、と漠然と思っていました。


その思いはかなり強いものでしたのでネットでお母様に対する否定的な記事があったとしても私はそれをなかなか信じる気にはなれませんでした。長い年月 お母様のお父様に対する絶対信仰・絶対愛・絶対服従を信じ「真のご父母様は完全に一つ」と信じて疑うことがなかったからです。


しかし次のようなお父様の晩年のみ言に出会った時、私のそのような思いは打ち砕かれました。そして今まで全く知らなかった真のご家庭の実情を知るようになったのです。それは次のようなものでした。



[ 2012年1月19日 天正宮訓読会におけるお父様のみ言 ]



「天地人真の父母はお父様とお母様が二人ではなく、一人である。」


「お父様とお母様は別々ではなく、一つなのである。」


「お母様はお父様の台であり、ただ食べ、周りにいるだけでは、真の母になれない。」


「別々に動いては滅んでしまう。」「お父様が呼んでも、お母様は返事をしない。」


「安州と韓氏を自慢してはいけない。もしすれば、真の母になれない。」


「私を無視して、お前たちが私を案山子にしてはいけない」


「お母様は独自路線を行ってる。小鬼だ!」


「お母様はお父様と違う道を行っている。」


「お前達も全員、お母様と一団となって違う道を行っている。こいつら!」


「お母様に従う者で、お父様が必要でないという者は根のない小鬼だ」


「私は、今一人ぼっちだ。私には息子も娘もいない。お母様は一人で勝手にしている。」


「お父様の話を聞かず、お母様が私に対して、私の言葉を聞きなさい、とするのはルーシェルよりももっと恐ろしい存在だ。」


「孝進が生きている時、お父様がかわいそうだ、お母様はなぜお父様のみ言を聞かないで、自分の方式でするのか?と私に言ったことがある。」


「お母様は今からお父様に絶対服従しなければならない」




また、お父様は2012年8月3日の最後の訓読会で次のように言われたことを知りました。


「すべてを壊したオンマと金孝律は責任を取りなさい。」



これらのみ言を知った時の私の心境はとても表現し難いものでした。最初は狐につままれたように

絶句しました。そして信じたくない、何かの間違いだという思いが来ました。そしてさらに調べて

それらのことが否定できない事実とわかった時は茫然自失してしまったのです。今でも夜中の祈祷室で唖然として座り込んでいた自分の姿を思い出します。


それは真の父母様は真の愛で一つになっておられる、と長い間固く信じてきたことが崩れ落ちた時の悲惨な私の姿でした。そして晩年のお父様がそんなにも孤独な悲惨な状況にあられたことを知らなかったという大きなショックもありました。よく涙されてた、ある時は号泣されたとは聞いていました。でもこのように痛ましいご夫婦の内情があったとは夢にも知らなかったのです。


その後しばらくの間私は腑抜けのようになっていました。何をするにも力が出ないのです。やっとのことで家事などもしていました。ふと気がつくと涙が出てたりするのです。そしてそのような状態がかなり続いたあとこのような思いが出てきました。“ご聖和にいたるまでのお父様の歩みを知りたい‥‥” と。


そしてそれからの私はそれまでとは違った動機でいろいろと調べるようになりました。




それでは、また。




よかったらクリックお願いいたします🌻

真実を求めて

お父様聖和後の数々の変更、お姿が見られなくなったご子女様、神山会長が発信しておられること、それに対する本部の対応‥‥いろんなことに対する疑問を持っていた私ですがそこに7・1講話以来お母様のことも加わってより真剣に答えを求めていくようになりました。真実を知りたかったからです。


それにお父様聖和後摂理が見えなくなったという思いがあり、今教会はどこに向かっているんだろうか、という焦燥感もありました。VISION2020というスローガンがあり、目標とすることは伝道と経済の勝利とそれまでのように言われますが教会長に “世界摂理のため、やらないといけないでしょう!” と言われても力は出ませんでした。現実を見れば韓日の関係は大変になり、また韓国ではセウォル号の沈没という大変な事故も起きていました。沢山の若者が犠牲になりその中には二世の女の子もいて本当に痛ましい事故でしたが “どうしてこんなことが起きるんだろうか‥‥” と不安で混沌とした思いがありました。


そのように様々な思いを持ちながら調べているうちにいろいろわかってきました。いろんな情報がありましたが中にはその人の強い思い込みで書かれているようなものもありますので、客観的事実と思われることを押さえるようにしていきました。そして次のようなことがわかってきました。


⚫︎新しい天聖経・平和経は表紙にも外箱にもお母様の紋章(王冠のマーク)だけ入っていてお父様のものは入ってないこと。


●最近の祝福の指輪にはお母様のサインのみ掘られててお父様のサインはなかったこと。(本部はそのことに対して業者が云々‥と説明したこと)


⚫︎八大教材教本の一つである「平和の主人、血統の主人」が新しい平和経に収められているけれど147ページの物が僅か16ページに削除されしかも改竄されていること。


●原理本体論教育はお母様の指示によりされなくなったこと。


●「独生女理論」は鮮文大学のオー・テギョン教授によって構築されたこと。


●韓国ではだいぶ前からお父様のオリジナルの天聖経守護運動があったけれど無視されたということ。




他にもいろいろありましたが以上のようなことが私にはショックでありまたとても重要なことに思われました。

そしてお父様が聖和されてまだ何年も経っていないのにどうしてこんなにお父様が軽んじられることが起きているんだろうと悲しく、また腹立たしい思いになりました。同時に一体誰がこのようなことを主導して行ってきたのだろうか‥‥まさか‥‥と疑問に思いました。



その疑問の答えは晩年のお父様御自身のみ言のなかにありました。そしてそれを知った時の私はこれまでにない大きな衝撃を受けるようになるのでした。



今日はこの辺で。





よかったらクリックお願いいたします🍹