泉のほとりに

聖歌38番のように私たちの内なる力を湧きたたせ御国を目指していきましょう。共に泉のほとりに集いましょう。導かれるままに綴っていきたいと思います。

楽園以外の霊人たちの再臨復活

🔵原理講論 第5章 復活論より抜粋



「…ここに実例を一つ挙げてみることにしよう。復帰摂理の時代的な恵沢によって、家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏に移行する一人の地上人がいるとしよう。しかし、この人に自分自身、あるいはその祖先が犯したある罪が残っているならば、それに該当するある蕩減条件を立ててその罪を清算しなければ、種族的な恵沢圏に移ることができなくなっている。このとき、天は悪霊人をして、その罪に対する罰として、この地上人に苦痛を与える業をなさしめる。このようなとき、地上人がその悪霊人の与える苦痛を甘受すれば、これを蕩減条件として、彼は家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏に入ることができるのである。このとき、彼に苦痛を与えた悪霊人も、それに該当する恵沢を受けるようになる。このようにして、復帰摂理は、時代的な恵沢によって、家庭的な恵沢圏から種族的な恵沢圏へ、なお一歩進んで民族的なものから、ついには世界的なものへと、だんだんその恵沢の範囲を広めていくのである。こうして、新しい時代的な恵沢圏に移るごとに、その摂理を担当した人物は、必ずそれ自身とか、あるいはその祖先が犯した罪に対する蕩減条件を立てて、それを清算しなければならないのである…」



( 原理講論 第5章 復活論 第2節 復活摂理 (三)霊人に対する復活摂理

(3)楽園以外の霊人たちの再臨復活 )





前回のブログ(11月11日)を書いた後いろんなことがありましたが、そのことを通して上記の復活論の部分を思い出しました。


14日の夕方のことですが、私が追突事故を起こしてしまったのです。幸い大事故ではありませんでしたが、2人の方に迷惑をかけてしまい大変落ち込みました。どうしてそんなことになってしまったのか…ひとえに私の不注意によるものなのですが、内外の原因があることを思わされました。ある場所に出かけての帰り道でしたが、尋常ではない肩の重さ、疲労感を感じながらの運転で意識が散漫になっていたと思います。数日間はショックから抜け出せず教会長の「大難が小難で済んでよかったですね」という言葉に慰められました。



その後いろいろな処理に追われ、私自身通院をしていましたが、現在はだいぶ落ち着いてきました。相手の方や、保険会社の方、警察の方、皆穏やかないい人だったので本当に感謝です。主人に「自己管理が悪い。気持ちに緩みがあったんだ。もう若くないんだからより気をつけんといかん」と言われたのが一番応えましたが一言もありません。



事故の後の約2週間の期間に平行していろんなことがありました。2年以上疎遠になっていた食口がご夫婦でうちに来られたのです。久々に交流できいろんな話ができました。お昼過ぎに来られ夜10時まで積もる話ができました。主人と亨進様やサンクチュアリを証す話もしましたが反発などされずに聞かれ、また来ますと明るく帰っていかれました。


そして11月7日に権限圏祝福を受けられた連合の食口ですが、その後も夢を見られたりして心情が復活され、ある方を導きたいと願われてたのですが、その方の方から来られて「家庭連合には希望がない」と言われ授受が導かれたそうで、近いうちに2人でうちに来られることになりました。



長い間伝道が思うようにいかず、膠着状態でしたが、やっと一点突破というか霊界が変わって来た感じがします。9月23日の完成期の祝福聖婚式の恩恵が大きいと思いますが、事故で苦痛を受けることを通して蕩減させていただいた内容もあるのかもしれません。


昔の人は「禍福は糾える縄のごとし」、「人生万事塞翁が馬」などと表現されてたと思いますが、この度のことでは復活論の上記の部分を思い出しました。




全てを天に委ねつつ、良いことは栄光在天し、悪いことも甘受して、謙虚にそして気を引き締めて歩んでいきたいと、そして神氏族メシア、家庭教会を勝利していきたいと思います。


天のお父様と三代王権に心より感謝申し上げます。








よかったら、クリックお願いいたします🍂

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。